マクラーレンP1 vs ポルシェ918スパイダー

公開 : 2014.10.15 23:55  更新 : 2017.05.29 19:32

918のフィールは実に従来どおりの反応をする。多くの場合において、大柄で、硬く、わずかに重さを感じることがあるが、ボクスターのテールの振る舞いを残しつつ、並外れたグリップを披露してくれる。

操舵に関しては過去10年のハイエンド・モデルを更に煮詰めたような感覚。これこそまさにポルシェのエンジニアが目指したところなのだろうけれど、もっとハイパーカーらしい素振りも見せて欲しいといえば、欲張りすぎか……

P1のシャシーは、エアロダイナミクスが大きく働きかけているような感覚を覚える。これは一般道路の速度でもわずかに感じられ、可変ウイングによる働きかけが影響しているのではないかと考える。

この速度域での操舵と制動マナーは650Sのマナーと驚くほど近似している。一般道では持て余すほどのグリップとストッピングパワーをもっているのだが、イキの良さは918の真似できない領域だ。

160km/h前後の速度域ではまるで瞬間接着剤が路面に塗りこまれているのではないかと疑うほどのグリップを発揮。さらに速度を上げていけば、レーシングカー顔負けの粘り強さを涼しい顔で披露する。
これほどまでのスタビリティもまた918の及ばない点。といってもレベルはかなり高いのだが、非凡なほどではないのだ。エアロダイナミクスがP1ほど工夫されていないところが大きな理由のように感じる。またP1より重いぶん、イナーシャが発生しやすいのではないかと推測する。

レスターシャー州ブランティングソープのストレートラインを3.2kmにわたって走らせた際には、240km/hの時点でP1が918を抜いた。

322km/hまではP1は約20秒かかり、918は約30秒かかった。240km/hまでは両者同じタイムと見なしていい。直線、コーナーの本領はP1に軍配が上がると言って良いのではないだろうか。

一般道のみの使用においては918の方が格上。洗練性や濡れた路面でのアビリティも918の方が勝るだけに、高速域やコーナーでP1に負けてしまうのは何とも皮肉な結果である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×