まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

2019.09.15

ジャガーIペイスに乗ってみました 前編 ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

早速、充電装置をセットしてみる

実際にクルマを受け取った時のバッテリー残量は60%、走行可能距離は230kmであった。

派手なオレンジの塗色のIペイスは、実寸よりもかなり大きく感じる。特に全幅は、2011mmもあるので、普段乗っているジャガーXEに比べると、遥かに広い。

SUVと、セダンの中間ぐらいの高さのドライバーズシートは、視界がよく、ボディサイズを掴みやすい。

スタータースイッチをオンにすると、パネルの表示が現れ、いつでも発進できるようになるが、この状態では、エアコンがオンになるまでにしばらくかかり、真夏の暑さの中では、いささか苦痛だ。無論、効き始めてからは何の問題も無いが。

スタート時からの加速は、EVの最も得意とするところだが、このIペイスの、音もなくスルスルと一気に加速してゆく様は、一種不気味な感じで、いつの間にか、かなりなスピードになっているのに気付く。

アクセルオフでは、回生ブレーキが効いて、ほぼワンペダル走行が可能で、慣れてくると、とても走りやすい。乗り心地は重厚で、ゆったりと、しかも節度のあるサスペンションのセッティングだ。

自宅のガレージに戻って、早速、充電装置をセットしてみる。

このIペイスの場合も、家庭用のコンセントに対して、リアゲート内に専用の充電ケーブルが用意されているので、それを取り出し、まず、地上から1mほどに設置してあるガレージのコンセントに差し込もうとするが、これが難問で、ケーブルのコンセントの50cmほど下に、かなりの重量のコントローラーがついているので、何かで支えなくてはケーブルを保持できず、悩んだ挙句、コントローラーをコンセントの上に置いてガムテープで軽く固定し、そこから、ケーブルを這わせてコンセントにいれて、こちらも、ガムテープで固定して、何とか格好がついた。

クルマ側は、コンセントを入れるだけでよく、漸く、充電が開始されたが、ダッシュボードを見ると、満充電までに13時間との事で、思わず眼を疑った。

後で調べて判ったことだが、私の家のコンセントや、甲府の旅館の充電器は皆、3kW程度のものなので、どうしても時間が掛かる。

最近、ジャガー・ランドローバー・ジャパンがお勧めの機材は、6kWのもので、これなら、半分の7時間程度で充電が完了するはずだ。

AUTOCAR JAPAN 編集長 笹本健次

1949年生まれ。趣味の出版社として知られるネコ・パブリッシングのファウンダー。2011年9月よりAUTOCAR JAPANの編集長を務め、2012年1月よりWeb版AUTOCARの編集長も兼務する。出版業界での長期にわたる豊富な経験を持ち、得意とする分野も自動車のみならず鉄道、モーターサイクルなど多岐にわたる。フェラーリ、ポルシェのファナティックとしても有名。

関連テーマ

人気テーマ

 
 
 

人気記事