[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

アウディQ7 e-トロンに試乗 ディーゼルPHEVでボルボXC90/BMW X5超える

2017.11.07

100字サマリー

ディーゼルとモーターを組みあわせた「e-トロン」。これでQ7は、BMW X5やボルボXC90のライバルを引き離します。優れているだけでなく「これが洗練か」と思わせる点が、立場をより強固にしています。

もくじ

どんなクルマ?
e-トロン ディーゼル+モーター

どんな感じ?
考えかたを変える、SUVの洗練
ディーゼルも好印象 航続距離にズレもない

「買い」か?
XC90 T8/X5 40eより優秀

スペック
アウディQ7 e-トロンのスペック

どんなクルマ?

e-トロン ディーゼル+モーター

アウディの旗艦、フルサイズSUVであるQ7のプラグイン・ハイブリッド(PHEV)バージョンである。したがって、同じくハイブリッド化されたボルボ、ポルシェ、BMWのフルサイズ・ラグジュアリーたちと競い合う。

Q7 e-トロンは、大きな6気筒ディーゼルとトランスミッションに一体化された電気モーターを組み合わせる。このパワートレインは55.5km/ℓの低燃費と48g/kmのCO2排出量を達成している。少なくともスペックの上では。

ただし、この数字を達成するには、燃費は電動モードの使用率に比例するということを知っていなければならない。したがって(PHEVは皆そうだが)、このパワートレインの価値は、あなたのドライビング・スタイルに依存することになる。

アウディはこのディーゼル・ハイブリッド・パワートレインの使い方をよく知っている。

例えば、キャビンを温めるにはバッテリーを使わずにエンジンの熱を再利用する。コースティング(慣性走行)モードもあり、スロットルを踏んでいないときにはエンジンとモーターを止めてしまう。またコースディングモードから外れそうになると、ペダルに反力を伝えて知らせる、などだ。

 
最新試乗記