海外試乗

2018.04.13

VWゴルフ・エステート(ヴァリアント)1.5EVO試乗 新ユニット追加 燃費向上

フォルクスワーゲン・ゴルフ・エステート(ヴァリアント)1.5EVO

テスト日 : 2018年04月05日

価格 : 2万3305ポンド(349万円)

文・サイモン・デイヴィス 

編集部より

実用性やハンドリング、コストパフォーマンスに優れ、日本でも人気車のひとつでもあるフォルクスワーゲン・ゴルフ・エステート(ヴァリアント)。新しい1.5ℓEVOエンジンが追加されたことで、燃費も向上しています。英国の道でその仕上がりを確認しました。

もくじ

どんなクルマ?
ゴルフ・エステート(ヴァリアント)の選択肢がさらに拡充

どんな感じ?
ベーシックカーとしての仕上がりの良さ
都市部でも高速道路でも、安楽で高燃費
堅実な車内に、高品質なインフォテインメントシステム

「買い」か?
間違いのないファミリーカーの選択肢

スペック
フォルクスワーゲン・ゴルフ・エステート1.5EVOのスペック

どんなクルマ?

ゴルフ・エステート(ヴァリアント)の選択肢がさらに拡充

このフォルクスワーゲン・ゴルフは、通常のハッチバックのラゲッジスペースでは物足りない、と感じるひとのためのクルマ。基本的にクルマの趣旨としては、ハッチバックモデルと大きな違いはない。

MQBプラットフォームをベースに、非常に幅広いガソリンとディーゼルエンジンのラインナップを用意。ヴォルフスブルク生まれのクルマに共通する、しっかりした製造品質を備えている。

ハッチバックとエステートとの違いは、リアドアから後半のボディ。リアオーバーハング部分を延長し、7代目となるゴルフでは4258mmから4567mmへと全長が伸びている。

この直方体状のスタイルとすることで、ラゲッジスペースを拡大。リアシートを畳まない状態で、ハッチバックの容量は380ℓだが、エステートでは605ℓの容量を得ている。リアシートを畳めば、1620ℓの大きな空間が広がる。使いやすそうだ。

エンジンの選択肢にも不足はない。ベーシックな124psを発生する1.4ℓのガソリンエンジンから、310psを発生するゴルフRエステートまで揃う。加えて、4輪駆動システムを備えたクロスオーバー風のオールトラックも選べる。

今回のテスト車両には、129psを発生させる新しい1.5ℓEVOガソリンエンジンが搭載されていた。このユニットはフォルクスワーゲン・グループの中では比較的新しいもので、既にセアト・イビーザやフォルクスワーゲン・ポロのホットバージョンにも搭載されている。

その実、どんな味わいを見せてくれるのだろうか。

next pageベーシックカーとしての仕上がりの良さ

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ