海外試乗

2018.04.22

スーパーサルーン3台 計1861psの直接比較 新型BMW M5 vs AMG E63 S vs キャデラックCTS-V 後編

BMW M5 メルセデスAMG E63 S 4Matic+ キャデラックCTS-V

テスト日 : 2018年04月14日

文・マット・ソーンダース 

編集部より

スーパーサルーン界に新たな競争を巻き起こした、4輪駆動となった新型BMW M5。好敵手といえるメルセデスAMG E63 Sと、異例とも思えるキャデラックCTS-Vとの直接比較を通じて、マット・ソーンダースがこの3台の優劣と、M5の真価を見定めます。後編です。

もくじ

前編
合算で2000psに迫る直接対決
肉薄するドイツ勢に、異色のアメリカ車
幅が広すぎるBMW、左ハンドルのキャデラック
秀でた車内空間を持つドイツ勢
大きな改善を遂げたメルセデスのエアサス

後編
本物のサウンドを奏でるキャデラック
AMGやBMWほどの仕上がりは得られていない
群を抜くBMW M5のハンドリング
ドライバーズカーの理想像
番外編:英国でキャデラックCTS-Vを買える唯一の店
BMW M5のスペック
メルセデス-AMG E63 S 4Matic+のスペック
キャデラックCTS-Vのスペック

本物のサウンドを奏でるキャデラック

キャデラックCTS-Vが、他の2台よりもシンプルに真っ直ぐ進むことが得意なクルマであることは明らか。一方で、シンプルに真っ直ぐ進むことが得意ということは、長所にもなり得る。

CTS-Vにとっては、この点がクルマとしての大きな魅力であり、抜きん出た特徴だといえるだろう。ドライバーの前方にあるスーパーチャージャーのメカニカルなうめきと、後方で響き渡るエグゾーストノートに満たされた加速に浸れば、このクルマを好きにならずはいられないはず。

2台のドイツ車は、パイプを通じて人口的に拡張されたエンジンノイズを、ステレオスピーカーを通じて聞かせてくる。しかも、BMWにはスーパーサルーンに期待するような音質面でのドラマを身につけていないし、メルセデスは誇張しすぎ。M5のオーディオから聞こえるエンジンサウンドは他の2台よりも手の込んだものだとしても、E63も含めて、この音がどこから聞こえてくるのかに気付いてしてしまうと、ただ苛立たしく感じてしまう。

どちらもスポーツマフラーと、音量がアップするドライビングモードを備えているが、V8エンジンが本領を発揮する場面では、その音質面での可能性を活かしきれていない。600psのV8のサウンドとなれば、それ相応なもののはず。

その点、CTS-Vの音は、右足のアクセルを踏み込むほどに、血が騒ぐような熱い多重音の勢いも増していく。今回のテストドライバーのひとりは、大西洋の反対側から来たクルマからすると「フェイクニュース」のようだと驚くだろう、と話していた。

キャデラックの生々しい音こそ、本物だと思う。

それでは、CTS-Vのドライビングの印象は、3台の中で最も優れていたのだろうか。

next pageAMGやBMWほどの仕上がりは得られていない

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ