BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2018.09.28

新型メルセデス-AMG GT 4ドアクーペ試乗 サイズは大柄、GTに相応しい走り

メルセデス-AMG GT 63S 4ドアクーペ

テスト日 : 2018年9月25日

価格 : 13万5000ポンド(1944万円)

文・マット・ソーンダース 

編集部より

4ドアボディをまとい、4輪操舵システムを採用した新しいメルセデス-AMGのGT。クルマの立ち位置的にはやや戸惑うものの、テキサス州での試乗では、極めて印象深いドライビングを味わわせてくれました。Eクラスでも、CLSでもない、ニューモデルの仕上がりを確かめます。

もくじ

どんなクルマ?
「GT」を名乗る4ドアクーペ
どんな感じ?
ノルドシュライフェを7分30秒以下で
4ドア化による確かな利便性
他の2tクラスには真似できない走り
GTスポーツカーと呼ばれるクルマ以上
「買い」か?
食わず嫌いはもったいない
スペック
メルセデス-AMG GT 63 S 4ドアクーペのスペック

どんなクルマ?

「GT」を名乗る4ドアクーペ

メルセデス-AMG GT 4ドアクーペは、ライバルを引き離すパフォーマンスを目指したオリジナルモデル。全長5m超、4シーターのボディで、アウディRS7スポーツバックやポルシェ・パナメーラなどと同じ、4ドアにハッチバックを備えるハイパフォーマンスGTだ。ドイツ・アファルターバッハを本拠地とする、メルセデス-AMGが生み出す生産モデルで、CLSの改造版ではない。AMGにとっては、この存在は小さくないはず。

例えばパナメーラは、明確なアイデンティティを備えている。巨大にした911のようなアピアランスながら、911GTとは呼ばれていない。またアウディが生み出す近年のクルマは、どれも1980年代の4輪駆動モデルのアイコンにイメージ付けされてはいるものの、新しいRS7を「クワトロ・ツーリング」などと命名することもない。BMWが計画中のM8グランクーペも、スポーツカーとしての独自性を持っている。正々堂々と、新しいクルマとしてのアイデンティティを備えている。

そんな中でメルセデスは、現在生産されている、似たパッケージングを持つ多くのイメージを借用しながらも、新しい4ドアクーペに「GT」という名前をつけてしまった。AMG GTといえば、スペースフレームを備えた2シーターのスポーツカーなのではないだろうか。

といいつつも、AMGがGTと名乗らせた4ドアのクルマは、GTと呼ぶのに相応しいものだった。スポーツカーには決して見えなくても、このボディサイズと車重を持つクルマとしては、望外にスマートなハンドリングを獲得しているのだから。

早速その走りをご紹介しよう。

 
最新初試乗

人気コンテンツ