海外試乗

2019.02.06

長期テスト ポルシェ911(5) 破綻なき完成度 993GT2と比較

ポルシェ911カレラS

編集部より

長期テスト車の911カレラSも1万kmを超え、滑走路でその加速性能を試してみることにしました。同時に持ち出したのは20年以上前の最速モデル、993GT2です。直線勝負の結果は991型の勝利ということになりました。

もくじ

積算10577km 滑走路で911を試す
現代911の完勝
おどろくばかりの完成度
テスト車について
テストの記録

積算10577km 滑走路で911を試す

現代的で速いが、本質的には毎日乗れるスポーツカーである911。今後、現在のノーマルモデルと過去の上級モデルを比較してみようと思っている。今回は過去に何度も試したように、ブランティングソープ・プルービング・グラウンドで両者を比べてみた。

最初は911をテスト予定はなく、ただ単に乗ってきただけだったのだが、ボーイング747が離陸できるほど長い距離のコースがあれば、走りたくなる気持ちを抑えられないのも仕方あるまい。

ここで非常に興味深いことに、わたしは21年前、ここで最速のクルマを探すテストを行っており、そのとき見事1位に輝いたのが911GT2だった。993世代のGT2は当時から特別な存在で、生産された192台の大半がルマン仕様のスペックを備えるレースカーだったのだ。ポルシェが製造した公道バージョンは57台のみで、右ハンドルはわずか13台、英国向けはそのうち6台だったのだから驚きだ。

昨年、RMサザビーズのオークションで落札された左ハンドル仕様のモデルは185万ポンド(2億6700万円)だった。当時われわれが所有していた英国仕様の右ハンドルが13万1000ポンド(1894万円)だったから、考えると非常に惜しいことをしたものだ。

 
最新試乗記

人気コンテンツ