新型 ポルシェ・カイエン・クーペ・ターボに試乗 息を呑む速さ 21世紀のGT

公開 : 2019.05.24 10:10  更新 : 2019.05.26 06:11

標準のカイエンより25kgプラスの車重

まず最もわかりやすいのが、2種類のルーフ。ひとつは長大なパノラミック・グラスサンルーフで、もう一つは軽量なカーボンファイバー製のルーフパネル。カーボン製ルーフの場合、21kgの軽量化につながるだけでなく、スポーティなダブルバブルデザインとなっており、911 GT3 RSを想起させる仕上がり。だとしても、エンジニアが狙っている本当のクルマの仕上がりは別のところにあるはずだ。

カーボン製のルーフは「ライトウェイト・パッケージ」に加わるオプションのひとつ。通常のカイエンよりも走りに真剣なモデルであることを、視覚的に強調する重要なパーツとなる。エクステリアにもインテリアにもカーボン製のパーツがあちこちに用いられている。車内の静寂性を高める防音材は削られ、シートには千鳥格子のようなパターンのクロスとアルカンターラが張られている。

これらをすべて合わせると、ノーマルのカイエン・クーペより22.4kgの軽量化につながるという。もし更にダイエットに励みたいのなら、鍛造の22インチ・アルミホイールという選択もある。これで更にバネ下重量を17kgも軽くすることができる。

これらはもちろんタダではなく、7500ポンド(108万円)の費用が必要。しかし、実はカイエン・クーペ・ターボの体重は2200kgとなっており、標準のカイエンより25kgも重たい。クーペらしい走りを希望するなら、少しでも軽くなるライトウェイト・パッケージと鍛造ホイールは選んでおいた方が良いだろう。

エクステリアで他に目につくのが、傾斜したリアウインドウのひさしのように伸びる大きな固定式のスポイラー。これはリアウインドウの付け根に仕込まれた、半格納式のアクティブ・スポイラーと協力しあって効果を発揮するという。時速90km/hを超えると135mm広がり、18mmトレッドがワイドになったリアタイヤへ掛かるダウンフォースを増加させるそうだ。

もちろん、オスの孔雀のように派手な羽を見せびらかせたい場合、ボタンひとつでタウンスピードであっても展開することはできる。ご安心を。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×