新型 ポルシェ・カイエン・クーペ・ターボに試乗 息を呑む速さ 21世紀のGT

公開 : 2019.05.24 10:10  更新 : 2019.05.26 06:11

まるで高級で巨大なゴルフR

アクセルペダルを深く踏み込んでいっても、スタビリティ・コントロールが介入して台無しになることもなく、4本のタイヤへと最適な配分でトルクを伝達。トルクベクタリング・システムがコーナー外側のタイヤへ、内側よりも強い駆動力を与えることで、コーナーの出口へとクルマを導いていく。

加えて4輪駆動といっても、ほぼ後輪駆動状態だから、低速コーナーではアクセル操作でズムーズにパワー・オーバーステアに持ち込むことも可能。賢い駆動系統だからなせる技だ。

ボディコントロール性にも目を見張る。一切無駄なロールを示すことなく、極めて高速に、フラットにコーナーを縫っていく。コーナーの途中には波打っていたりコブが出ていた区間もあったはず。しかしポルシェがロードローラーを掛けた路面のように上手に処理してくれるから、ドライバーはまったく慌てる必要もなかった。

着座位置が高いことで前方視界もよく、迫り来る状況も把握しやすく、大きなボディサイズを気持ち小さく感じさせてくれる。スポーツカーと呼びたくなるような、夢中にさせてくれる走りを叶えてくれるカイエン・クーペ。ドライバーが熱くなるほどに、巨大なゴルフRにでも乗っているような錯覚に陥るだろう。

そして、驚くほどに速い。スポーツクロノ・パッケージを追加したクーペ・ターボの0-100km/h加速は、ポルシェによれば3.7秒とのこと。通常のカイエン・ターボより0.2秒上回っている。ただ、最高速度は変わらず284km/hだという。標準のカイエンでも社会的にはばかられるほど速いわけで、わずか0.2秒の違いは、公道ではほとんど体感できない差ではある。

最大トルクは2000rpmから4500rpmで発生する78.3kg-mで、こちらも獰猛と呼べる数字。排他的に道路を突進するのに不足はないだろう。また搭載される8速ATは、まるでドライバーの希望を予測する能力を備えているかのように変速をしてくれる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×