新型 ポルシェ・カイエン・クーペ・ターボに試乗 息を呑む速さ 21世紀のGT

公開 : 2019.05.24 10:10  更新 : 2019.05.26 06:11

パフォーマンスなりの燃費にはご用心

コーナーの間の僅かな直線であっても、徹底的な加速が可能。視界に急接近する遅い先行車両を交わし、スポーツエグゾーストの破裂音が時折混ざる快音で包んであげることも瞬時に行える。

このように間違いなく速いのだが、従来的な意味で運転が楽しいかと聞かれると、速度域に関係なく、答えはノー。精密で研ぎ澄まされたコントロール性は満足感が高いし、どんな路面状況であっても征服できるような、驚きを隠しきれないほどの安定した走りには、恐ろしくもあり、尊敬の念すら感じてしまう。

だが、どんなにカイエン・クーペが必死になってアスファルトを蹴っていても、ひとのごとのように感じるほど、ドライバーとクルマとがつながっている感覚が薄いのだ。もっともクーペボディとはいえ巨大なSUVには変わりなく、スポーツカーと同等の陶酔感を求めるのは、すこし欲張りなのだろう。

結果、ドライビングモードにはいくつかの設定が用意されているが、ポルシェが意図した仕上がりを味わうには、標準の設定が一番のようだ。勇んで選んだスポーツ・プラスから、ノーマルモードに戻すと、カイエン・クーペは人一倍の俊足を持つ、落ち着いた質感のグランドツアラーへと変容する。

手に余りそうな20インチホイールを履いていても、エアサスペンションがしなやかな乗り心地を体現している。しかし、大きく舗装が剥がれた路面を高速で走り抜けるような場面では、流石にホイールからの強い振動が侵入してくる。静寂性も高く、ドアミラー周りからの風切り音を除いて、外界はまるで異次元に存在しているかのよう。時折、路面からの振動がサスペンションを通じて届くだけだ。

ここまで走りが凄いだけに、必要とするガソリンも少なくない。カイエン・クーペ・ターボの場合、メーカーが発表している燃費は7.0km/ℓ。しかし、実際われわれが試乗ルートを攻め立てて走った時には、その半分にも届かない数字が出ていた。二酸化炭素の排出量も盛大で、268g/kmとなっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×