[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

世界500台限定のニュル仕様 ルノー・メガーヌRSトロフィーR 130kgの軽量化

2019.10.06

100字サマリー

極めてハードコアなホットハッチでありつつけるメガーヌRS。非常に高いパフォーマンスを備えていながらもライバルより扱いやすく、好感が持てると英国編集部での評価も上々です。先日のベルギーのサーキットでの試乗に続き、英国の道で試乗しました。

もくじ

最も過激なクルマの1台
パワーは変わらず300psと40.7kg-m
乗り心地を帳消しにする操縦性と音響
全世界で500台限定
ルノー・メガーヌRSトロフィーR ニュルブルクリンク・レコードパックのスペック

最も過激なクルマの1台

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

7万2140ポンド(959万円)もする、ルノー・メガーヌ。世界で最も過激なクルマを探しているのなら、このメガーヌRSはひとつの答えだ。

この強気の値段をつけたメガーヌRSトロフィーRは、3代目となる極めてシリアスなハードコア・ハッチバック。ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェのラップタイム7分40秒1という、量産FFの記録を樹立したクルマと基本的に同じ仕様となっている。

ルノー・メガーヌRSトロフィーR ニュルブルクリンク・レコードパック
ルノー・メガーヌRSトロフィーR ニュルブルクリンク・レコードパック

フェラーリ488ピスタのような、カーボンセラミック製のブレーキディスクとカーボンファイバー製のホイールも選べる。それぞれ9000ポンド(119万円)と1万2000ポンド(159万円)もする、ニュルブルクリンク・レコードパックの特別パーツだ。合わせればフォード・フィエスタST−2を買えてしまう。

この高価なオプションを選ばずとも、標準のトロフィーRの価格は5万1140ポンド(680万円)。1万9305ポンド(256万円)も、ベースとなったRS300トロフィーより高い。だがアルパイン・ホワイトのボディ色やボンネットスクープ、専用ステッカー類以上の内容を備えていることはいうまでもない。

価格は増えても、トロフィーと比較してトロフィーRの車重は130kgも減られている。カーボン・コンポジット製のボンネットで8kgの減、リアシートを外し25.3kgの減。4輪操舵システムをなくすことで32kgも軽くなっている。

 
最新試乗記