【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

【週末ドライブで得られる満足感】マツダCX-30 スカイアクティブ-Xに試乗

2019.12.14

100字サマリー

優れた操縦性に上質なインテリアを備えた、スタイリッシュはコンパクト・クロスオーバーがマツダCX-30。欧州ブランドのライバルは少なくありませんが、際立った存在感を備えていると英国編集部では評価しています。

もくじ

狙いは高級コンパクト・クロスオーバー市場
パワーで優位なスカイアクティブ-X
運転を楽しめるコンパクト・クロスオーバー
マツダCX-30 2.0スカイアクティブX 2WD GTスポーツのスペック

狙いは高級コンパクト・クロスオーバー市場

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
個人の好みにもよるが、筆者としては、現在最もハンサムなコンパクト・クロスオーバーだと思うのがマツダCX-30。ボディデザインは、こちらも美しいハッチバック、マツダ3をベースにしているのだから不思議ではない。

全モデルを通じた「魂動デザイン」という哲学を導入して以来、マツダは独自のスタイルを確立してきた。この要素は、マツダCX-30では特に重要となってくる。成長を続けるスタイリング重視の高級コンパクト・クロスオーバー市場へ、食い込もうと考えているためだ。

マツダCX-30 2.0スカイアクティブX 2WD GTスポーツ
マツダCX-30 2.0スカイアクティブX 2WD GTスポーツ

つまりライバルは、アウディQ2やレクサスUX。自らの美しさを誇示するかのように、CX-30は鮮やかなソウルレッドというボディーカラーをまとい、Webなどで告知されている。

英国での販売価格は2万2895ポンド(320万円)から。エンジンはガソリンの2種類で、前輪駆動か4輪駆動を選べる。

英国では119psに設定されるスカイアクティブ-Gはエントリーユニット。パワフルな180psのスカイアクティブ-Xが、その上位に用意される。どちらも電圧24Vのマイルド・ハイブリッドが組み合わされる。

マツダによれば、スカイアクティブ-Gとスカイアクティブ-Xの価格差は1500ポンド(21万円)程度。英国の販売の70%はスカイアクティブ-Xになると予測しているようだ。

どちらのエンジンも試乗しているから、英国での支持がスカイアクティブ-Xに集まる理由はうなずける。119psのユニットもコンパクトでとても良いエンジンではある。レスモンスも回転フィールも良い。だが力強さが足りていない。

 
最新試乗記