【電動ラグジュアリーSUV対決】メルセデスEQC vs テスラ・モデルX vs ジャガーIペイス vs アウディeトロン 前編

公開 : 2019.12.14 10:50  更新 : 2021.04.27 07:06

日本でも販売がスタートしたメルセデスEQCですが、今回は電動高級SUVの草分けたるテスラ・モデルXと英国版AUTOCAR編集部のお気に入り、ジャガーIペイス、そしてこちらも登場したばかりのアウディeトロンの4台で、現実世界での実力を試すショートトリップへと出掛けました。

火曜日、午前8時43分、ミルトンキーンズ・コーチウェイ

ミルトンキーンズのパーク&ライドステーションの一角、イオニティ社が4基の充電スタンドを設置したこの場所は、いま英国でもっとも新しくもっともパワフルなEV向け充電ステーションだ。

そして、偶然にもこれから一風変わったグループテストへと出発する4台のEVが、ここでそれぞれのバッテリーを満タンにしようとしている。なんという幸運だろう。

充電中は楽しいおしゃべりをする時間がいくらでもある。
充電中は楽しいおしゃべりをする時間がいくらでもある。

ここまで運転してきた最新のラグジュアリーEV、真新しいメルセデス・ベンツEQCに、最近登場したばかりのアウディeトロンとすでにお馴染みのテスラモデルX、さらには現在われわれ1番のお気に入りであるジャガーIペイスの3台が今回の参加車両だ。

EV充電にはつきものの電流音と冷却ファンの騒音が、まるで屋外に設置された巨大なサーバーキャビネットのなかにいるような気分にさせる。

ケーブルを繋いで充電を始めると、テスラが4台のなかでは最長となる462kmの航続可能距離を示している。最低はアウディとジャガーの2台が表示したのは364kmだ。

航続距離は十分?

では、こうして表示された航続可能距離は、セバーン・エスチュエリーを往復する今回の旅を完走するに十分なものだろうか?

そして、これからの400kmと36時間を通じ、ラグジュアリーな電動SUVという新たなニッチ市場で、もっとも実用的で使い勝手に優れたオールラウンドな電動ラグジュアリーモデルだと自らを証明するのはどのクルマだろうか?

電動ラグジュアリーSUV対決
電動ラグジュアリーSUV対決

今日は、写真撮影とドライビングに相応しい道を経由して、さまざまなルートを組み合わせた実際の公道上での各モデルのエネルギー効率と航続可能距離を確認しながら、今夜の宿泊地となるセバーンブリッジへと向かうことになる。

明日はこの国の急速充電ネットワークの現状をチェックしつつ、各モデルのこうした充電ネットワークへのナビゲーション能力とアクセス性をテストしながら帰路に就く予定だ。

そして、旅の出発点であるここミルトンキーンズへと、最初に戻って来ることができたモデルが今回の勝者になるはずだが、現実はそう単純ではないかも知れない。

午前10時52分、A34号線、オックスフォード近郊

このメルセデスは素晴らしい。数カ月前に行った海外試乗の時よりも、速さとドライバーとの繋がりを感じさせるだけでなく、高級で快適、スペースも十分な上質で静かなモデルになっている。

いまこのクルマはオックスフォード近くのバイパスを、ほとんど無音で近づいては追い抜かれたドライバーの注目を集める、4台で構成されたコンボイの一員として、滑るように粛々と前へと進んでいる。

メルセデスEQCのスタイリングはまるでオーブンに入れ過ぎたGLCのようだ。
メルセデスEQCのスタイリングはまるでオーブンに入れ過ぎたGLCのようだ。

だが、誰もがこのメルセデスのスタイリングに好意的だという訳ではなく、まさに、「オーブンのなかに長く居すぎた」GLCだというカメラマンのコメントが的を射ているだろう。

スタイリングに関してはアウディの方がはるかに洗練されており、ずんぐりとしたプロポーションと、少し奇妙に見える傾斜したルーフラインを組み合わせたテスラには、ややスマートさが足りないようだ。

だが、ベッドルームに思わず写真を飾りたくなるのがジャガーであることに議論の余地はないだろう。このクルマのスタイリングを他の3台と比較するのは、ただ単にIペイスのデザインがどれほど素晴らしく、どれほど興味深いものであるかを証明することになるだけにしかならない。

だが、ここで一日中座り込んでIペイスの見事なスタイリングに見惚れているわけにはいかない。

ワンテジに向け西へと進むと、そこにはさらに道幅の狭い、テストにはお誂え向きのA級路やB級路が待っているのであり、Iペイスに乗り換えて向かうことにした。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

メルセデス・ベンツ EQCの人気画像