【現行BMW製モデルのベスト】BMW M2 CSへ試乗 F87型のグランドフィナーレ

2020.06.28

サマリー

モデル末期のM2へ、CSが登場。価格は上乗せされていますが、走る楽しみもしっかり上乗せできているようです。秀逸なM2コンペティションを超えることは可能だったのか、英国編集部がドイツのサーキットで評価しました。

もくじ

M2コンペティションと明確な差別化
エンジンは名機、ストレート6のS55型
ザクセンリンク・サーキットで実力を解く
信じられないほど柔軟で扱いやすい

M2コンペティションと明確な差別化

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
初めにうち明かそう。今回ご紹介するBMW M2 CSは、現在のBMWが生産するモデル群で、最高のドライバーズカーだと思う。ただただ、素晴らしい。

丸1日、ドイツのサーキットでF87型のM2 CSをドライブすることが許された。新車で手に入るBMW製モデルの中で、M2 CSに匹敵するパフォーマンスとバランス、純粋さを融合させたものはない。断言できる。

BMW M2 CS(欧州仕様)
BMW M2 CS(欧州仕様)

初代M4にもCSが存在した。このクルマも同じ哲学を備えている。2021年には第2世代となるM2の登場が予定されている。M2 CSは、F87型のグランドフィナーレを飾るにふさわしい。

生産台数は限定ではないそうだが、現行のF87型のM2は2020年9月に生産を終了してしまう。英国での価格は7万5320ポンド(994万円)。標準のM2コンペティションより2万3895ポンド(315万円)も高い。

決して安い金額ではない。でも、最大のライバルとなるであろう、ポルシェ718ケイマンGT4は、7万5348ポンド(994万円)の値札が付いている。

上乗せされた価格が、進化した運動性能だけに投じられたわけではないことが、実車のM2 CSを見ればわかる。M2コンペティションと明確な差別化を図る、高そうな部品が惜しみなく装備されている。

例えば、カーボンファイバー製のスプリッターを備える、新デザインのフロントバンパー。大きなエアインテークが口を開く、カーボンファイバー製のボンネット。ルーフもカーボンファイバー製。これらは、レースマシンのM2 GT4と共有する部品だ。

 
最新試乗記

人気記事