ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

次期GT-R 電動化/デザインを独占取材 日産GT-R50 by イタル新写真25枚

2018.07.15

100字サマリー

次期「GT-R」について、日産のアルフォンソ・アルバイサに、独占インタビュー。電動化/スタイリング/速さについて、聞いてきました。GT-R50 by イタルの新写真25枚も、お届けします!

もくじ

GT-R50 by イタル 写真25枚
アルバイサが考える、新型GT-Rの電動化
新型GT-Rのデザインは?

GT-R50 by イタル 写真25枚

次世代型GT-Rの開発および設計は、まだ始まったばかりである。新しいプラットフォームを採用する新型は、どのような電動化をパワートレインに適用するか未だ確定していない。

日産のデザイン部門を率いるアルフォンソ・アルバイサが、AUTOCARの独占取材に応じてくれたのは、グッドウッドの会場だ。

まず彼が主張したのは、新型は「GT-R50 by イタルデザイン」のデザインキューを受け継ぐものではないということ。

そして新型が「世界一速いクルマ」になる必要があるということ。そうしたモデルたち特有の姿になるということだ。

アルバイサが率いるチームは、パワートレインが決定しプラットフォームが完成するまでは、細かな作業に入れないという。

「あえて言うなら、チャレンジはエンジニアに掛かっています。わたくし共の作業は、本当にスペシャルなクルマにする段階になって始まるのです。それはまだずっと先のことですが」

新型GT-Rの生産化までには、まだ何年も必要というわけだ。市販化は2020年代前半になる可能性がある。

では、電動化についてはどうだろう?
 

 
最新海外ニュース