ニュース

2019.01.26

2019年を占う 難しいニューブランド立ち上げ ポールスターとクプラ

編集部より

最近自動車業界で立ち上げられた新しいブランドをふたつ、ご紹介しましょう。ひとつはセアトのスポーツブランドである「クプラ」、もうひとつはスーパーカー市場への参入を目指すボルボによる「ポールスター」です。その成り行きに注目が集まります。

もくじ

難しいニューブランド立ち上げ
スポーティブランドのクプラ モデル拡充には時間が
ポールスターはスーパーカー市場参入へ
番外編1:5台の注目SUV
番外編2:その他の期待のニューモデル

難しいニューブランド立ち上げ

メーカー中で新しいブランドを打ち立てることは目新しいことではないが、自動車業界では最近その動きが加速しつつある。今年、セアトのクプラブランドとボルボのポールスターというふたつのパフォーマンスブランドからひとつ目のモデルが発売され、これらは英国でも発売される。

そのほかにも以下であげるような数多くのニューモデルが発売されるが、それぞれのブランドの最近の様子をみれば、今後のブランド運営に生かせることがありそうだ。もっとも新しい事例はDSだ。2015年、シトロエンから公式に分離し、独自の路線を歩むことになった。

しかし問題は、それから新しいモデルを発表しないことだった。そのためユーザーはシトロエンの焼き直しにすぎないDS 3やDS 4、DS 5に注目することなく、ほかのモデルを選んでしまった。それがここにきてようやく専用モデル(3 クロスバック)を出すことができるようになった。

メルセデスも、超高級ブランドであるマイバッハを作り、日産は1989年にインフィニティブランドで同社のセダンモデルの販売を始めた。いまではマイバッハはメルセデスのグレードのひとつに戻ったが、インフィニティは10年もの間、英国人の琴線を震わせることができていない。

ひょっとすると、英国の購買層はラグジュアリーブランドよりもパフォーマンスブランドに心引かれるのかもしれない。少なくともセアトやボルボはそう願っているだろう。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ