2019年を占う ニッチを攻めるドイツ御三家 2019年新車カレンダー

公開 : 2019.01.26 12:10

ニッチなニーズにも対応するアウディ、BMW、メルセデス・ベンツのドイツ御三家。今年発売されるモデルをご紹介します。各社ともラインナップの電動化を進め、競争力を高めています。

もくじ

アウディ
BMW
メルセデス・ベンツ
番外編:その他の期待のニューモデル

アウディ

eトロン(発売中)

電動SUVを好意的に見ている人々にとって、eトロンはルックス、感触、走りのどれをとってもアウディらしいものだと感じるだろう。アウディの電動SUVを求める人々には朗報と言えるだろう。

A3(11月発売)

A3はメルセデスAクラスに対抗したモデルだ。新型ゴルフに続き、VWグループの2世代MQBプラットフォームを採用するふたつ目のモデルとなる。デザイナーは、新型A3には大きな変更が加えられる、と述べた。S3などの派生モデルも数多くラインアップされる。

TT(1月発売)

誕生20周年のTT。フェイスリフトが行われるほか、限定モデルのTT20も発売される。

R8(1月発売)

マクラーレン570Sのライバル。V10にアップデートされる。

A4(5月発売)

3シリーズと競合するセダン。モデル中期のフェイスリフトが行われる。

SQ2(6月発売)

300psのホットハッチ。

Q2 eトロン(2019年後半発売)

アウディ最小のEVクロスオーバー。

S6(3月発売)


ホットなセダン。ポルシェ・パナメーラの2.9ℓV6エンジンを搭載する。

RS6(7月発売)

M5に競合するモデル。613pのV8ツインターボが搭載される。

S7(3月発売)

GTクーペ。ベントレーと共同開発したエンジンを搭載する。

RS7(7月発売)

アウディ最強の4ドアクーペで、RS6とエンジンを共有する。

Q3(発売中)

コンパクトなSUV。大型化し、新技術が採用されている。

Q4(6月発売)

アウディによれば、ほかのアウディのSUVとは異なる、特殊なモデルになるという。続報を待とう。

eトロン・スポーツバック(9月発売)

ジャガーIペースの競合モデル。シャープなルックスとSUVとしての実用性を備える。

SQ8(7月発売)

レンジローバー・スポーツの競合モデル。「スタイル重視のプレミアムSUV」だ。

Q7(6月発売)

アウディのSUVラインナップのトップに位置するモデル。モデル中期のフェイスリフトが行われる。

A6 オールロード(2月発売)

新型A6の車高を高めた仕様。オフロードに対応する。

関連テーマ