三菱自動車 MI-TECHコンセプトを東京モーターショーで世界初披露 ガスタービン搭載のPHEV

2019.10.04

サマリー

三菱自動車が東京モーターショーで公開するコンパクトSUVの続報が入ってきました。屋根もドアのない2シーターの車体に搭載されたプラグインハイブリッド・システムは、ガスタービン・エンジンを発電機として使用する4モーターの四輪駆動とのことです。

もくじ

ガスタービンを採用して小型軽量化
前後にモーターを2基ずつ搭載

ガスタービンを採用して小型軽量化

三菱自動車が、東京モーターショーで公開するプラグインハイブリッドSUVのコンセプトカーについて、さらなる情報を明らかにした。

9月に最初のティザー画像が公開されたこのコンセプトカーは、車名が「MI-TECHコンセプト」になることが発表された。三菱によれば、「M」はMITSUBISHI MOTORSの頭文字、「I」はIntelligent(知性)、Ingenious(創意工夫)、Inspiration(インスピレーション)、Interaction(交流)を意味するとのこと。そして「TECH」はTechnologyの略であり、三菱自動車の将来技術が多数搭載されているという。

MI-TECHコンセプト
MI-TECHコンセプト

新たに公開された画像を見ると、このコンセプトカーがドアも屋根もない2シーターのSUVであることもわかった。これでは将来市販車として発売されるモデルに近い姿とは、到底思えない。

しかし、そこに搭載されているプラグインハイブリッド技術は、次世代のシステムとして将来の実用化につながる可能性もある。現行のアウトランダーPHEVに搭載されているものより、小型軽量化を図ったというこのプラグインハイブリッド・システムは、従来のガソリン・エンジンに替えてガスタービン・エンジンを採用。これを発電機として活用することで、蓄えられた電気のみによるEV走行モードと、ガスタービンで発電しながら走るシリーズ走行モードを使い分けることができる。

 
最新海外ニュース

人気記事