東京モーターショー、クルマの来場に冷遇? 専用駐車場/無料巡回バス存在 注意点

2019.10.26

サマリー

東京モーターショー2019公式サイトの「アクセス」のページには電車とバスの案内だけです。「クルマで来るのはなるべく控えて」という思いのあらわれでしょう。実際にクルマで来場する場合の注意点をお伝えします。

もくじ

公式サイト「アクセス」欄 なぜか駐車場の案内ナシ
駐車場の情報、4エリア検索が可能 注意点も
タイムズ、「穴場」や割引サービスの情報提供
もっとも安いのは「青海ふ頭地区駐車場」

公式サイト「アクセス」欄 なぜか駐車場の案内ナシ

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

東京モーターショー2019公式サイトの「アクセス」のページには電車とバスの案内だけ。

主催者側の「クルマで来るのはなるべく控えて」という思いのあらわれだろう。

東京モーターショー2019公式サイトの「アクセス」のページには電車とバスの案内だけ。  主催者側の「クルマで来るのはなるべく控えて」という思いのあらわれだろう。
東京モーターショー2019公式サイトの「アクセス」のページには電車とバスの案内だけ。 主催者側の「クルマで来るのはなるべく控えて」という思いのあらわれだろう。

それはわかるが、実際は「第46回東京モーターショー2019臨時駐車場(2019東京モーターショー専用含む)」やタイムズやSパークが便利な情報提供をする駐車場も用意されている。

さらに、各駐車場~青海エリア~有明エリアを結ぶ「無料巡回バス」も走っている。

公式サイトで情報提供されていないのは不親切だが、「ホントに駐車場が必要な人は自分で検索してたどり着くでしょう」ということなのだろう。

今回は会場が分散されており、メインとなる青海~有明間の移動も時間がかかる。専用駐車場として指定された駐車スペースでも、一見、近そうに見えて徒歩20分以上かかる場所もあるので注意されたい。

(後述する東棟屋外臨時駐車場は今回会場になっていない東棟には近いが、ビッグサイト正面ゲートまでは約1.5kmもあり、工事中の東棟横を延々と歩いていくことになる。)

なお、臨時駐車場、専用駐車場、専用サイトで各種の情報提供をしているタイムズなども東京モーターショー入場者への割引など優待はなし。

臨時/専用駐車場にはどの駐車場にも1日最大料金(1500円~3500円円前後)が設定されているが、24時間営業で2時間700円の「青海北臨時駐車場」には最大料金の設定はない。

 
最新海外ニュース

人気記事