[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

クルマ、上級グレードから先に販売 なぜ? 輸入車/国産車に傾向の違い 正しい買い方は

2019.11.17

100字サマリー

新型車を発売する場合、海外のクルマは上級グレードから投入することがあります。なんとなく理由がわかりそうなものですが、実際の理由を調べました。また輸入車/国産車では、異なる傾向も。正しい買い方を考えます。

もくじ

上級グレードから発売 プレミアム車に多い
不可解なモデルを投入するさまざまな理由
発売から時間を経過して生まれる価値も
輸入車と事情が違う日本車のグレード追加
新型車が発売されたらどのように買えば良い?

上級グレードから発売 プレミアム車に多い

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

新型車を発売する場合、海外のクルマは上級グレードから投入することがある。

例えばポルシェの電気自動車となるタイカンは、パフォーマンスバッテリープラスを搭載するターボやターボSと呼ばれるグレードから販売を開始した。

メルセデス・ベンツGクラスの国内導入も、まずは上位グレードから投入された。
メルセデス・ベンツGクラスの国内導入も、まずは上位グレードから投入された。

また海外のクルマが日本に輸入される時も、上級グレードから開始することが多い。例えばBMW 3シリーズの場合、2019年3月から販売を開始したのは、320iスタンダード、320i Mスポーツ、330i Mスポーツであった。

320iスタンダードはベーシックなグレードだが、ほかの2種類はスポーティな上級のMスポーツだ。320dなどが加わったのはその後になる。

すべての車種が上級グレードから輸入を開始するわけではないが、結果的にそうなることが多い。

その一方でVW(フォルクスワーゲン)ゴルフは、近々次期型が発表されて日本にも2020年から輸入されるが、2019年10月1日になってクリーンディーゼルターボを搭載するTDIの追加販売を開始した。ディーゼルは日本では人気の高い大切なバリエーションだが、次期型に変わる直前に設定した。

なぜこのように不可解なモデル設定が行われるのか。

 
最新海外ニュース