スーパーSUVにもハイブリッド メルセデスAMG GLE 63 S発表 611ps

2019.11.21

サマリー

メルセデス・ベンツは、ロサンゼルス・モーターショーでマイルド・ハイブリッド搭載のGLE 63とGLE 63 S 4マチックを発表しました。英国の場合、注文の受付は2020年の初めからということです。

もくじ

V8ツインターボにマイルドハイブリッド
AMGらしい迫力のデザインも魅力

V8ツインターボにマイルドハイブリッド

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
メルセデスAMGはロサンゼルス・モーターショーで3種類のパフォーマンスSUVを発表した。GLS 63とGLE 63、GLE 63 Sだ。

大型SUVのGLSと同様に、GLE 63に搭載されるのはAMG製の4.0L V8ツインターボ・エンジン。さらにスターター・ジェネレーターによるマイルド・ハイブリッドの「EQブースト」を組み合わせ、22psと25.3kg-mを上乗せしている。

メルセデスAMG GLE 63 S
メルセデスAMG GLE 63 S

その結果、GLE 63の最高出力は571psで、ハイパワー版GLE 63 Sの最高出力は611psとなる。0-100km/h加速時間はそれぞれ4.0秒と3.8秒。トランスミッションは9速ATで、変速時間を短縮するなどの改良を受けている。

最高速度はGLE 63では249km/hでリミッターがかかるが、GLE 63 Sの場合、AMGドライバーズ・パッケージを追加することで280km/hにまで伸ばせる。英国にはGLE 63 Sのみが導入されるという。

マイルド・ハイブリッド化によりモーターでのアシストとエネルギー回生が行われるとともに、気筒休止機構とアイドリングストップ機能も搭載。メルセデスAMGによれば燃費は8.6km/Lから8.7km/L程度で、二酸化炭素の排出量は261g/kmになるという。

GLE 63、GLE 63 Sともに、AMGライド・コントロール+と呼ばれるエアサスペンションと3モード・アダプティブ・ダンパーが標準装備。「突出したアジリティやダイナミクス性能、最大限のトラクションに日常的な快適性を掛け合わせた」 専用のセッティングを施したとのこと。

 
最新海外ニュース

人気記事