新型 メルセデス・ベンツGLS 400d SUVのSクラス モデルチェンジ BMW X7の好敵手

2019.07.24

サマリー

SUVのSクラスを標榜するメルセデス・ベンツGLSの最新バージョンは、従来以上に大型化しラグジュアリーさも高めています。ライバルモデルも出揃った感のあるいま、3世代目となった完成度を、アメリカ・ソルトレイクシティで確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
SUVのSクラスを名乗るのに相応しいか
どんな感じ?
広い車内のために51mm伸びた全長
サイズや車重の割には軽快に走れる
オンロード・パフォーマンスはSUVの範疇内
「買い」か?
プレミアムSUVの頂点のひとつ
スペック
メルセデス・ベンツGLS 400d 4マティックのスペック

どんなクルマ?

SUVのSクラスを名乗るのに相応しいか

7名乗りのGLがGLSと改名されたのは、2015年のフェイスリフトの時だった。SUVにおけるSクラスを目指しして。最良のクルマとして世界中で愛用されているメルセデス・ベンツSクラスの現状を見ると、かなり高い目標だといえる。正直、先代のGLSはその期待に充分には答えられていなかったと思う。

プレミアムSUVカテゴリーは、年々競争が激しくなっているのはご存知の通り。確固たる人気を誇るレンジローバーだけでなく、BMWからはX7が登場し、アウディからはQ7がリリースされた。そこでメルセデス・ベンツは、通算3世代目となるGLSで、改めてSUVのSクラスを名乗るに相応しい完成度を狙ってきた。

大型のSUVとしてのドライビング・ダイナミクスの向上に加え、最新の技術もふんだんに搭載。もちろん、ラグジュアリーさや快適性も大幅に引き上げてある。今回は主要市場のひとつとなる、アメリカ・ソルトレイクシティで評価の機会を得た。

 
最新試乗記

人気記事