【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

【エヴァンゲリオン】特務機関NERVが初号機/弐号機、東京/札幌に出動 災害対策で

2019.12.23

100字サマリー

特務機関NERVといえば、「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する架空の存在。そのロゴをまとった三菱アウトランダーPHEVが東京は銀座で披露されました。限定車ではなく、任務を遂行するためのクルマです。

もくじ

アウトランダーPHEV 「特務機関NERV」のロゴ
そもそもゲヒルンって、どんな会社なのか?
ツイッターアカウントでの名称使用を承認
もしもの災害時 通信と電源の確保へ

アウトランダーPHEV 「特務機関NERV」のロゴ

text:Kenji Momota(桃田健史)

2019年12月23日の昼過ぎ、銀座通りから一本裏に入った路地の角地。周囲のビル群や商業施設とは不釣り合いに見える、緑いっぱいの小さな庭がある。

そこに、黒塗りの三菱アウトランダーPHEVが2台。ボディサイドには、「特務機関NERV」のロゴが見える。

黒塗りの三菱アウトランダーPHEVが2台。ボディサイドには、「特務機関NERV」のロゴが見える。
黒塗りの三菱アウトランダーPHEVが2台。ボディサイドには、「特務機関NERV」のロゴが見える。

特務機関NERVといえば、日本を代表するアニメーション作品「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する架空の存在だ。

2台の車両が置かれている庭は、三菱自動車が2019年9月から2022年8月までオープンしているブランド発信拠点である。

三菱が、PHEVが、エヴェが、いったい何がどうつながっているのか?

師走の銀座をいく多くの人が、記者会見後の写真撮影の風景を「何事か?」と覗き込んだ。

なかには、「NERV(ネルフ)って、エヴァンゲリオンのNERVなのか?」と質問する外国人観光客までいた。

記者会見の正式名称は「特務機関NERV災害対策車両 整備計画、始動!」とある。

会見会場には、自動車関連メディアだけではなく、経済系メディアなどが「ことの真相」を知ろうと集まった。

 
最新海外ニュース