【違いがわかる?】ホンダ・シビック・ハッチバックセダン、マイナーチェンジ 東京オートサロン2020

2020.01.10

サマリー

ホンダ・シビック・ハッチバックセダンがマイナーチェンジです。1月23日(木)に発売されます。エクステリアデザインの変更に加え、「ホンダ・センシング」を全タイプに標準装備しているのもポイントです。

もくじ

シビック・ハッチバック/セダン、マイナーチェンジ
シビック マイチェンで何が変わったのか?
マイナーチェンジ版シビックの価格
用意されるボディカラー

シビック・ハッチバック/セダン、マイナーチェンジ

ホンダは、「CIVIC(シビック)」シリーズの「シビック・セダン」、「シビック・ハッチバック」を一部改良し、1月23日(木)に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、「立ち止まらずに進化をし続けるという想いのもと、エクステリアデザインの変更に加え、トップロードサンルーフをハッチバックに設定するなど、機能美の上質さをさらに追求した」とホンダはコメントする。


先進の安全運転支援システム「ホンダ・センシング」を全タイプに標準装備しているのもポイントだ。

シビック マイチェンで何が変わったのか?

シビック・セダン

「ご好評いただいている先進的で上質なフォルムはそのままに、フロントバンパーやリアガーニッシュのデザインやアルミホイールのカラーを変更。インテリアは、コンビシートを標準装備とするな
ど、より一層の上質感を追求しました」(ホンダ)

シビック・ハッチバック

「エクステリアは前後バンパー、フロントグリル、リアロアガーニッシュやアルミホイールのデザイン変更に加え、トップロードサンルーフを追加し機能的かつスポーティーなシルエットをさらに磨きあげました」

「また、6MT車のシフトノブの形状を変更し、ショートストローク化することにより、小気味よく決まるシフトチェンジを目指しました」

 
最新海外ニュース

人気記事