【オーロラを追いかけて】ロールス・ロイス・ドーンで行く オーロラ見学ツアー 後編

2020.02.16

サマリー

英国でもオーロラが見えることをご存知だったでしょうか? 今回は英国版AUTOCARスタッフが、ロールス・ロイス・ドーンに乗ってオーロラを追いかける旅へと出ました。オーロラ予報をチェックしながら北限の地を目指した彼らですが、さしものドーンにも不可能はあったようです。

もくじ

傘も特別
非現実的な滑らかさ
もっとも高価な避難小屋
幸運な乗客たち
ドーンの二面性
番外編1:旅のルート
番外編2:世界オーロラ紀行

傘も特別

まだ1晩残されており、Kp予報はわずか2だったが、ケーン・ゴームの山々に広がるスキーエリアでは晴天が予想されており、ここでは2週間前、アマチュアカメラマンのケース・ピグドンが見事なグリーンのオーロラのカーテンを撮影している。

この場所へと時間どおりに辿り着くには、昼前にはMVアルフレッドに乗り込む必要があったため、と睡眠は諦めるしかなかった。

この傘もロールス・ロイス品質だ。
この傘もロールス・ロイス品質だ。

荷物をまとめると、チャーチル・バリアーズを越えてセント・マーガレッツ・ホープへと向かった。

平日のオークレー諸島へと向かうありふれたクルマや荷物に混じって、ここでは場違いな印象を与えるドーンもフェリーへと乗り込んでいる。

ふたたびの快適な船旅を楽しむ前に、ジョン・オ・グローツで給油を行っている。

叩きつけるような雨のなか、フロントフェンダー内部に傘が仕込まれているのを知って安心したが、もちろん傘もこのクルマの特別なカラーリングに合わせたブラックとレッドだ(当然この傘も非常に滑らかに開く)。

崖の上から見る美しい虹と青空が期待を高めたが、われわれはインヴァネスのエンドウ豆のスープに夢中だった。

それでも、この虹と青空のセットはレーシーのカメラマンとしてのセンスを刺激したようで、彼は日没までにケーン・ゴームに辿り着けるかと訊いてきた。

 
最新海外ニュース

人気記事