【タッチ式に逆行】ホンダ・フィット、ダイヤルコントロールの再導入 ドライバーの混乱を最小限に 欧州

2020.03.31

サマリー

多くのメーカーが、タッチスクリーンに移行する中、ホンダは、新しいジャズ(フィット)に、一部、アナログのダイヤルコントロールを再導入するそうです。スクリーンを見なくても操作ができ、運転中の信頼性を高めるとのことです。

ダイヤルコントロールの再導入

text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)

ホンダが、新しいジャズ(フィット)に、アナログコントロールを採用することを明らかにした。

ヒーターとエアコンの操作に、前世代のジャズのような、アナログのダイヤルコントロールを再導入するとのことだ。

ホンダ・ジャズ(フィット)インテリア
ホンダ・ジャズ(フィット)インテリア

ジャズのプロジェクトリーダー、田中健樹は「理由は非常に単純です。特にヒーターとエアコンの操作で、ドライバーの混乱を最小限に抑えたかったのです」と説明している。

「直感的な操作が難しいという、お客様からのフィードバックを受け、タッチスクリーンからダイヤルコントロールに変更しました」

「スクリーンを見なければシートヒーターの調節ができなかったので、見なくても操作できるように変更し、運転中の信頼性を高めました」と述べている。

ほとんどのメーカーが、最新のアウディA3に見られるような、スマートフォンと同様のタッチスクリーン・コントロールに移行しており、タッチスクリーンのみを選択するメーカーも増えてきている。

新しいアウディA3の、エレクトロニクス責任者、メラニー・リマーは、物理的なボタンの廃止について「スマートフォンで、タッチ機能を利用する人が増えている」ためと説明している。

また、新しいシステムは、以前のシステムと同じくらい、ユーザーフレンドリーだと付け加えた。

物理的なコントロールに戻るというホンダの決定は、間違いなく高齢のユーザーを含む一部の人々に支持されるだろうう。

しかし、ボイスコントロールがより広く採用されるようになれば、タッチスクリーンとアナログコントロールに関する議論は、自然に無くなっていくと予想される。

 
最新海外ニュース

人気記事