【タイプS発表】アキュラTLX新型 北米ホンダが公開 内装/デザインは? 「S」は2021年春発売

2020.05.29

サマリー

ホンダ北米法人が、「タイプS」を復活させました。アキュラ・ブランドから、スポーツセダンの「新型TLX」を発表。その高性能モデルとして登場しました。内装、デザイン、発売時期の情報が届いています。

もくじ

新型TLXに「Type S」
新型TLXタイプS 内装/サイズ
新型TLX 標準モデルも登場

新型TLXに「Type S」

ホンダ北米法人は、新型スポーツセダン「アキュラTLX」を発表した。高性能バージョンとして「タイプS」の名が復活している。

アキュラは同社がアメリカで展開する高級車ブランドで、TLXは今回発表されたものが2代目。

北米ホンダが公開した新型TLXのタイプS。
北米ホンダが公開した新型TLXのタイプS。

「アキュラTLXタイプS」は、新開発のアキュラ専用3.0L V6ターボを搭載。さらにトルクベクタリング機能のSH-AWDを採用する。アキュラのセダンとして最もパフォーマンス志向のハンドリングを与えられたモデルだ。

トランスミッションは10速オートマティック。サスペンションは、前がダブルウィッシュボーン式、後ろがマルチリンク式となる。

足元は、20インチの専用ホイールが2種類用意され、タイプSコンセプトに着想を得た10スポーク仕様と、NSXのアイデアを受け継いだY字スポーク仕様から選べる。

新型TLXタイプS 内装/サイズ

TLXタイプSの外観は2019年のタイプSコンセプトのデザイン言語を引き継いでいる。フロントは、ダイアモンド・ペンダゴン・グリルとジュエル・アイLEDヘッドライトの組み合わせ。

全長×全幅×全高:4943×1910×1433mm
ホイールベース:2870mm

北米ホンダが公開した新型TLXタイプSの内装。
北米ホンダが公開した新型TLXタイプSの内装。

タイプSの内装は、フラット・ボトム型のパーフォレーテッド・レザー巻きステアリングを採用。パドルシフトも大型になっている。

また、サイドシル、ステアリング、ヘッドレストに「Type S」のエンブレムが刻まれている。

TLXタイプSの最高出力と最大トルクは、現時点では明かにされていない。

しかし、従来型の3.5L自然吸気V6に比べて、低回転域のトルクは50%も増大しているという。

詳しい情報は、2021年春に予定されているタイプSの北米発売時に向けて、発表していくということだ。

新型TLX 標準モデルも登場

新型TLXには、タイプSのほかにも、2.0Lターボと10速オートマティックを組み合わせた標準モデルもラインナップされる。

2.0L車の最高出力は272hp、最大トルクは38.7kg-mと発表された。

北米ホンダが公開した新型TLX Aスペック。
北米ホンダが公開した新型TLX Aスペック。

標準モデル、タイプSともに、アキュラのセダン専用のプラットフォームを採用。NSXを除けば、アキュラとして最高の剛性を得たと謳われている。

内装は、「デュアル・パーソナル・コクピット」をテーマに、前席のラグジュアリー性に力を入れた。ワイドになったボディのおかげで、腰・肩まわりの空間を確保。ファーストクラスと呼べる快適性を実現したという。

新型TLXは、標準モデルが2020年秋に北米で発売される予定だ。価格は3万ドル台の中盤になるというから、邦貨換算で400万円弱の価格帯になると考えられる。

 
最新海外ニュース

人気記事