国内ニュース

2019.01.09

ケンウッド、ドライブレコーダー「DRV-340」「DRV-240」 駐車監視録画、最長24時間

編集部より

KENWOODのドライブレコーダーに、新機種が登場。フルハイビジョン録画、駐車中の24時間録画に対応するスタンダード・コンパクト・モデルです。

KENWOODのドラレコ スタンダート機が追加

JVCケンウッドは、KENWOODブランドより、ドライブレコーダーの新商品2モデルを2月上旬に発売する。

「DRV-340」と「DRV-240」は、フルハイビジョン録画、最長24時間の「駐車監視録画」機能といった高性能と、コンパクトなボディを両立したスタンダードモデル。また、新デザインの採用によりフロントガラスの録画映像への映り込みを低減した。

本モデルの特徴は、

・フルハイビジョン録画による高画質記録
・最長24時間の「駐車監視録画」機能(別売りの車載電源ケーブルCA-DR150が必要)

といった性能を、W62×H51×D37mm(ブラケット取り付け時高さ:最大93mm)というコンパクトな筐体に搭載したこと。

このうち「DRV-340」は、高感度なGPSの搭載により、速度、緯度、経度などの自車の運転情報を記録。また、専用のPC用連携ビューアーソフト「KENWOOD ROUTE WATCHERⅡ」を使用して走行記録の表示、確認が可能なモデルだ。

「DRV-340」「DRV-240」共通の特長

1.高精細なフルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで記録。

2.急激な明るさの変化に強い「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」を搭載。トンネルの出入り口などでおきる白とび/黒つぶれを抑制。

3.最長24時間の長時間「駐車監視録画」機能に対応。駐車中の衝撃や動体を検知すると自動で録画・保存を開始。

4.フロントガラスとレンズの距離が短くなるようブラケットの取り付け位置を最適化。ダッシュボードなどの映りこみを低減し、より鮮明な録画を実現。

5.さまざまなシーンに合わせた4つの録画モードを搭載。

・常時録画
エンジンのON/OFFに連動。本機の電源を手動で操作しなくても、自動で録画がスタート/ストップする。
・手動録画
常時録画の最中でも、必要に応じて手動で録画ボタンを押せば、常時録画とは別のフォルダに映像を記録。

・イベント記録
3軸Gセンサーが突発的な衝撃や速度変化などを検知し、自動的に録画開始。専用のフォルダに記録する。
・駐車監視録画
内蔵バッテリーにより、駐車中の衝撃や動体を検出すると自動で録画・保存を開始する駐車監視録画に対応(本体内蔵バッテリーの待機時間は、フル充電で約25分)。

もちろん、LED信号機の無点灯記録防止、地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計となっている。

ドライブレコーダーの市場は、高機能・高付加価値な商品が市場で伸長する一方、普及価格帯へのニーズが高まっている。これを受けてJVCケンウッドとしてもスタンダードモデルのラインナップを拡充していく狙いがある。

価格はオープン。市場想定価格(税抜き)は下記の通り。
DRV-340:1万4800円前後
DRV-240:1万2800円前後

 
最新国内ニュース

人気コンテンツ