ルノー・メガーヌ・エステートGT

公開 : 2012.11.20 17:15  更新 : 2017.05.29 19:23

現行メガーヌにはルノースポール(以下RS)が手がけたモデルが3種類ある。ひとつはもちろん前頁にあるメガーヌ・ルノースポールだが、日本仕様のハッチバックにもある“GTライン”のサスペンションもRSチューンという。そして、このGTが3つめのRSモノのメガーヌであり、ご想像のとおり“GTライン以上、RS未満”という中間スポーツモデル。本国では全メガーヌに普通に用意されるGTだが、日本はひとまず左ハン・エステートの台数限定輸入となる。

GTラインより硬めのサスチューンに高性能タイヤ、大径ブレーキを備えるだけでなく、本国にあるディーゼルも含めてエンジンも専用になるのがGTの特徴だ。日本導入されるのは当然ガソリンのみで、RSゆずりの2.0ℓターボ(F4Rt型)の低過給圧型となる180psである。

とはいえ、GTに“準RS”という期待を抱いてはちょっとマトはずれだ。18インチサイズのダンロップ・スポーツマックスTTを履くから限界はそれなりに高いが、その高性能タイヤに対する相対的なサスチューンは意外に柔らかくて、いかにもフランス車的にロールは大きめ。背が高くロングホイールベースのエステートボディの影響もあるかもしれないが、走行中の上屋の動きはハッチバックGTラインより大きく感じるくらいだ。

180psターボもトルク特性は事務的にフラットで、6段M/TもRSと同じPK4型とは思えないほどクラッチミートポイントは手前に位置していて、シフトフィールもちょっと曖昧にゴムっぽい。つまり、エンジンもギヤボックスもRSのキレアジとはかな〜り遠い。

……と、RSと比較すると肩すかし感アリGTだが、そうではなく、これはおそらく“高級版GTライン”であり、乗り手の意識をそっちに切り替えると、これはなかなか魅力的である。高速ではフラットそのもの、ステアリングやシートから伝わる豊かなグリップ感は、昔ながらのフランスのスポーツモデルっぽい。シフトレバーを早め早めにテキトーに叩き込んでも、それなりにパワフルで速い。かつてのフランス車でこんな感じのクルマがあったな……と考えたら、思い出したのはプジョー406スポーツだった。

(文・佐野弘宗 写真・花村英典)

ルノー・メガーヌ・エステートGT

価格 315.0万円
0-100km/h 8.8秒
最高速度 215km/h
燃費 13.0km/ℓ
CO₂排出量 178g/km
車両重量 1420kg
エンジン形式 直4DOHCターボ, 1998cc
エンジン配置 フロント横置き
駆動方式 前輪駆動
最高出力 180ps/5500rpm
最大トルク 30.6kg-m/2250rpm
馬力荷重比 127ps/t
比出力 90.1ps/ℓ
圧縮比 9.3:1
変速機 6段M/T
全長 4565mm
全幅 1810mm
全高 1490mm
ホイールベース 2700mm
燃料タンク容量 60ℓ
荷室容量 479-1600ℓ
サスペンション (前)マクファーソン・ストラット
(後)トレーリングアーム
ブレーキ (前)φ296mmVディスク
(後)φ260mmディスク
標準タイヤサイズ 225/40R18

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事