フォルクスワーゲン・パサート1.6 TDI S

公開 : 2015.01.16 23:40  更新 : 2017.05.29 18:57

一方、他ライバルのユニットは、あまり抵抗なく高回転まで回ってくれる印象であるのに対して、パサートの場合はやや息を荒げるタイミングが早い。田舎道でそれなりの速度を出したいときには、必然的に変速を細かく行い、低めのギアを保つ必要がある。

サスペンションは、快適性とハンドリングの安定感のあいだで最適な落とし所を見つけている印象。低速域でも非常になめらかで洗練されている。加えて従順さも失われていないあたりは見事である。

ステアリングの重みはミディアム-ライト、ミディアム-ファストを堅持した印象で、穏やかな類ではあるがフィードバックを取り逃すことはない。トルク・ステアやバンプ・ステアも全くなく、ワインディングでも安定感はそのまま維持され続けた。

その一方、シャシー・チューンは硬めの味付けに振っている。したがってベンドに差し掛かった際には細かな振動を伝えることがあり、稀に微舵角を与えてイレギュラーな動きを収束させる必要もあった。

■「買い」か?

ドライバー参加型のモデルをお求めならば、他のミドル-サイズ・サルーンの方が好ましい。ただし、正確性や安楽性、従順さの観点で見ればパサートは最高ランクである。

マナーの良さや高い質感をあっさりと確保をしてきた点は、さすがはフォルクスワーゲンといったところ。賞賛に値する、非常に完成度の高いクルマであることは間違いない。

他のグレードにもパフォーマンスとランニング・コストをうまくバランスさせたクルマがあるにはあるが、先述のスペック・シート上の後ろめたさから目を逸らしさえすれば、決して単なる ’低価格モデル’ ではないクオリティだといえる。

(マット・ソーンダース)

フォルクスワーゲン・パサート1.6 TDI S

価格 £22,215(391万円)
最高速度 206km/h
0-100km/h加速 10.8秒
燃費 26.9km/ℓ
CO2排出量 105g/km
乾燥重量 1519kg
エンジン 直列4気筒1598ccターボ・ディーゼル
最高出力 120ps/3600-4000rpm
最大トルク 25.4kg-m/1750-3500rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連ニュース

▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・パサート2.0TDI 150GT
▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・パサート・エステート2.0TDIブルーモーション

関連テーマ

 
最新試乗記