ヒュンダイi20 1.4CRDi SE

公開 : 2015.02.23 23:20  更新 : 2021.03.05 21:39

■どんなクルマ?

このページでテストするのは2015年版ヒュンダイi20のディーゼル・モデル。ガソリン・ユニットを載せたi20が海外初試乗英国版、お得なクルマ決定戦で、われわれを驚かせてくれたのは記憶にあたらしい。

しかしながらこのクラス、なにせライバルが多すぎるのだ。フォード・フィエスタフォルクスワーゲン・ポロスコダ・ファビアなどの実力者がひしめくなか、ディーゼル版も目立つことができるのだろうか?

搭載するディーゼル・ユニットの排気量は1.4ℓ。ヒュンダイの ’U-II’ レンジに端を発するもので、最高出力は90ps/4000rpm、燃料消費率は24.4km/ℓというのがメーカーの公表値だ。

i20には同じくディーゼルの1.1ℓ版も用意され、こちらのユニットの最高出力は75psとなる。したがって今回のテスト車両はディーゼル・ユニットのうちのハイ・パワー版という立ち位置をとる。

それだけに装備は手広く組み込まれており、後席の足元やトランク・ルームのスペースも自慢のひとつだ。さらにわれわれを楽しませてくれるのならば、言うまでもなくイチオシとなるだろう。

果たして結果やいかに……?

■どんな感じ?

かつてのヒュンダイといえば、ステレオタイプの安っぽいクルマばかり作っていたものだけれど、ここ最近のモデルは、どれもみな非常に優秀になっている。ガソリン版i20も、その好例であった。

ディーゼル版の諸元表をみるかぎり、0-100km/hタイムはほとんどの主要ライバルよりも約1秒遅いうえ、24.4km/ℓという燃料消費率も各モデルの公表値ほど優れてはいない。

ただし、いささかのターボ・ラグは看取されるけれど、1800rpmからうえでも、ガソリン・エンジンさながらに気持ちよく回りつづける。高速道路の巡航でも必要にして十分なパワーを供給してくれる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記