DS 3 ピュアテック110オート

公開 : 2015.05.08 23:40  更新 : 2017.05.29 18:02

キャビンの質感やフィッティングに代表されるDS 3の弱点を補うのは、新しいパワートレインに他ならない。

■どんなクルマ?

5月1日に正式デビューしたばかりの最新の小型車DS 3。ボディにもパンフレットにもシトロエンの文字は見当たらない。

’DS’ をひとつのプレミアム・ブランドに仕立て上げるための戦略だ。ゆくゆくはダブル・シェブロンもろとも廃する予定だという。

実は昨年にもミドル・ライフ・リフレッシュが行われているDS 3。その際には新しいディーゼルとガソリン・ユニットが追加され、ヘッドライトを含む数点のスタイリング変更が施された。

今回のモデルからはPSAの1.2ℓ 3気筒 ’ピュアテック’ ガソリン・エンジンにはトルクコンバーターATを組み合わせ、タッチスクリーン・マルチメディア・システムや新しいカラー・トリムも追加されている。

111psを発揮するこちらのピュアテック・エンジンは、これまでのPSAの120ps 1.6ℓ NAガソリンの後継という位置づけで、トルクは30%向上し、CO2エミッションは30%低減された。

結果、売上にも良好な効果をもたらす見込みで、具体的にはミニ・クーパーやアウディA1よりも10%程度、多く売れることになりそうだ。

 
最新試乗記