アウディQ3 2.0TFSIクワトロ180PS

公開 : 2015.06.15 23:50  更新 : 2017.05.29 18:14

  • サイド・サポートの張り出したスポーツシートは体をよくホールドしてくれる。ロゴは当然ながらS lineパッケージ専用。

  • 2ℓ直噴ターボは最高出力180psを4000-6200rpm で、最大トルク32.6kg-mを1400-3900rpmで発揮。ギアボックスは7速DCT、アウディ固有の名称でいえばSトロニックのみ。

■「買い」か?

走って気持ちのいいファミリーカーをお探しの諸兄にオススメしたい。クーペルックなルーフラインではあるけれど、親子4人とキャンプに行く荷物は十分積める。

なによりボディの大きさがよい。全長4400×全幅1830×全高1595mmというサイズは、兄貴分のQ5より、230mm短くて70mm狭くて65mm低いだけ、ともいえるけれど、ひとまわり小さくて260kgも軽いボディに、同じボア×ストロークのターボ付きエンジンを搭載している。狭い山道でもリラックスしていられるのはサイズとトルクのバランスがいいからだ。

A3の場合、日本仕様には1.4TFSIと1.8TFSIしかない。私見によれば、この1.8TFSIが物足りない。S3はグレート・カーだけれど、ファミリー用として285psは過分だ。Q5はポルシェ・マカンのベースになるほどのグレートSUVだけれど、少々大きすぎる。

というように考える人にとって、Q3はドンピシャの存在に思えるだろう。アウディ・ラインアップのなかのニッチ、それがQ3である。現代の自動車工業にあっては、隙間こそが主役だ。Q3のようなクルマを欲するあなたこそが主役、ということである。

試乗車は車両本体価格が469万円。さらにS lineパッケージ45万円やらMMIナビゲーション24万円やらで、総額は593万円に達する。これぢゃS3スポーツバック、590万円が買える! いや、ちょっと待ってください。S3にもオプションのレザーだの、マグネティックライドだのバング&オルフセンだのをつけたくなる……。まことにクルマ選びの悩みといいますか、楽しみは尽きない。

なお、昨年3月に加わった高性能モデル、RS Q3にも小変更が施された。クワトロ社が開発するスーパーQ3たるこれは、2.5ℓ5気筒ターボを310psから340psに強化すると同時に13%の低燃費化した。ちょっと乗ってみたら、スタート直後から5気筒ターボの爆発力に圧倒された。ベントレーのストロングさと厚み、豪華さが注入されたかのQ3であった。価格は771万円。

上を見すぎたので下に目を転じてみると、1.4TFSIはこれまで390万円だったはずなのに、なんと379万円に値下げされている。ティグアンTSIにちょこっと上乗せすれば、ググッと近づける! こちらが本命だったか……。

(文・今尾直樹 写真・前田恵介)

アウディQ3 2.0TFSIクワトロ180PS

価格 4,690,000円
燃費 15.0km/ℓ
CO2排出量 155g/km
乾燥重量 1620kg
エンジン 直列4気筒1984ccターボ
最高出力 180ps/4000-6200rpm
最大トルク 32.6kg-m/1400-3900rpm
ギアボックス 7速DCT


▶ 国内初試乗 / アウディA1 1.0TFSI
▶ 海外初試乗 / アウディQ7 3.0TDI 218 SE
▶ 長期使用報告 / アウディSQ5

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事