キア・スポルテ―ジはフランクフルト・デビュー

公開 : 2015.07.02 22:00  更新 : 2017.06.01 02:09

当初スクープされたモデルよりもフロント・エンドをリデザインしたキア・スポルテ―ジは、9月のフランクフルト・モーターショーでワールド・プレミアを果たす予定だ。

フロント・バンパーに開けられたエア・インテークは、現行の他のキアのモデルには見られないアプローチとなる。この新しいスポルテ―ジが、KX3コンセプトからスタイル面でのインスピレーションを受けたことは知られるところだ。

ヘッドランプもリデザインされてはいあるが、キアのタイガー・ノーズは当然ながら採用されている。

リア・スタイルも新しいテール・ランプ・デザインと、リデザインされたリア・バンパーを持つ。

キアのSUVは、日産キャシュカイ、ホンダCR-V、フォード・クーガなどのライバルになると目される。

また、今回のスクープ・ショットでははじめてセンター・コンソールを捉えることにも成功している。大きなスクリーンを持つインフォテインメント・システムが採用されていることがわかる。

ボンネットの下に搭載されるエンジンは、プラグイン・ハイブリッドは見送られそうだが、ソウルEVにも搭載されるモーターと、ダウンサイジングされた3気筒ユニットも搭載されると思われる。また、現行モデルの1.6ℓガソリンと、1.7ℓおよび2.0ℓのディーゼルは、リファインされて搭載される。

発売は、2016年を予定している。