メルセデス・ベンツCクラス・クーペ

公開 : 2015.07.14 23:50  更新 : 2017.05.13 12:50

2代目Cクラス・クーペの公開が、今年の9月に行われることが決定した今、AUTOCARはプロトタイプにトライする幸運な機会に恵まれた。

公開日から予測するに、英国内でデリバリーが始まるのは今年の終わり頃のはずだ。どうやらメルセデスは、アウディA5やBMW 4シリーズと轡を並べたとしても、圧勝できるという自信があるらしい。

これまでわれわれが目にすることができたCクラス・クーペといえば、そのキーである車体後部はもちろんのこと、サイドやフロントに至るまでカモフラージュが施されていた。

しかし今回は違う。開発部門のチーフである、クリスチャン・フルーは、どうしても顕にしたくない後部のみのカモフラージュに留めてくれ、残す部分を惜しみなく見せてくれたのである。

テスト前日、月明かりに照らされる最新型のボディを見ると、驚くほど優美なカーブを身にまとっていることがわかる。同時にアスレティックにも見えるのは、車体が長く、低く、ワイドになっているからなのだろう。

プロポーションの大部分は、Cクラス・セダンからインスパイアされているのは先代と同じ。ぐっと立体的になっているようにも感じる。

セダンと異なるのは、ウインド・スクリーンの角度(クーペの方がわずかに寝そべっている)、長くなったドア、固定されたBピラー、リアのホイール・アーチに押し込まれるように接続されるCピラー、下方向に押し下げられたルーフラインなどである。

 
最新試乗記