メルセデス・ベンツGLC 250d

公開 : 2015.07.15 23:50  更新 : 2017.05.13 12:50

メルセデスの全ラインナップを完成させたGLCはBMW X3よりも乗り心地がよく経済的。質感もまったく負けていない。

■どんなクルマ?

BMW X3の廃位を目論むメルセデス・ベンツGLCは、ミドル・サイズSUVクラスに所属し、今後はデビュー7年目になるアウディQ5の後継モデルと三つ巴の戦いになる予定だ。

GLCの先代モデルにあたるのは、カクカクした形のGLKと呼ばれるモデルだ。英国内で正式な右ハンドル・モデルが販売されなかったのは、フロント・アクスルに対するドライブシャフトの兼ね合いが理由らしい。

極めて重要なマーケットで思いどおりの結果が残せなかったのは、そういった事情からである。

プラットフォームは最新のCクラスと共用。しかしながらホイールベースは33mm延長され、車輪どうしの距離もフロントが31mm、リアが47mm大きくなっている。

主なライバルがBMW X3であることを、メルセデスは特に隠そうとしていない。ディメンションが近似することから、当然といえば当然である。

X3の全長は4656mm、全幅は1890mm、全高は1639mm。これに比べるとGLCは1mm長く、9mmワイド、21mm低いことになる。先代に比べると、すべての寸法が拡大していることになるが、車重だけは80kg減っているというのがメルセデスの自慢だ。熱間成形の高強度鋼をボディ・ストラクチャーに用い、フロント・フェンダーやボンネット、ルーフ部分にアルミニウムを使用することが理由である。テストに供するGLC250dの車重は1770kg。X3 xDrive20dに比べると40kg重い一方、Q5 2.0TDIのハイ・パワー版に比べると45kg軽い。

英国では2種のディーゼルが展開され、そのうちのGLC220dは£34,950(675万円)、GLC250dは£36,105(697万円)となる。両者ともにメルセデスが大々的に使用する2.1ℓ 4気筒ディーゼル・ターボ(OM651と呼ばれる)をパワープラントとして迎え、チューニングの度合いによって前者が170psと40.8kg-mを、後者が204psと51.0kg-mを発揮する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記