マクラーレン、2018年に650Sシリーズをフル・モデルチェンジ

公開 : 2015.08.04 22:20  更新 : 2017.06.01 02:09

マクラーレンは、現在の650Sシリーズを2018年にフル・モデルチェンジする予定であると、AUTOCARは掴んだ。コードネームP14という名前が与えられたこのモデルは、毎年新型を発表するというマクラーレンの約束にも繋がるモデルである。

650S同様にカーボンファイバー製タブと、3.8ℓのツインターボ・ユニットを搭載するが、そのパワーは670psにまで高めラエル。これは、直接のライバルとも言えるフェラーリ488GTBに対抗するためのもの。また、現行の675LTと同等の675psにまで高められる可能性もある。

とにもかくにも488GTBに対抗するため、トップスピードは330km/h、そして0-100km/h加速は3.0秒を切るパフォーマンスが要求される。

P14のデザインは、全く白紙の状態から起こされるという。しかし、マクラーレンの特徴でもあるフロント・エンドのスタイリングなどは受け継がれると、デザイン・ディレクターのフランク・スティーブンソンは語っている。

また、このP14にはスパイダー・ボディも予定されている。これは、650Sのように折畳式のハードトップ・ルーフが与えられることになる。

P14の価格は、時代の流れに応じて、現行の650Sよりは若干高価になる予定で、クーペが£192,250(3,720万円)、スパイダーが£215,250(4,160万円)となるだろう。