シビック・タイプR vs VWゴルフR vs ルノー・メガーヌR.S. 275トロフィー

公開 : 2015.10.02 23:50  更新 : 2017.05.29 19:30

最新のシビック・タイプRはホットハッチ界のゲーム・チェンジャーになりうるか? マット・プライヤーが有力なライバルを集めて検証する。

■どんなクルマ?

まずはじめに、ルノー・メガーヌR.S. 275トロフィーの名前を短縮して呼ぶことを謝らなければならない。ちょっと長すぎるのだ。

この ‘トロフィー’、われわれが長期テスト車として買ったモデルである。何も知らされずに運転すれば、FFであることを忘れてしまうのがこのクルマの特徴である。

タイプRに比べるとパワーは劣るが、それでもあり余るほどのパワーを前輪のみに伝えるという点においては、シビック・タイプRと比べる価値があるはずだ。

一方のシビックはこれまでと異なり2.0ℓのターボ・エンジンを採用した。ノルドシュライフェで徹底的なテストをした結果、トロフィーよりも36ps上回るパワーを得た。

310psというシビックの最高出力は、現時点の前輪駆動ホットハッチのなかではもっともパワフルということになる。ちなみにシビックが7分50秒というノルドシュライフェの最高タイムを記録するまでは、メガーヌの最強モデル、トロフィー-Rが7分50秒の記録を保持していた。

われわれの興味に反してマニュファクチャラーはノルドシュライフェのタイム更新に躍起になっている。たしかにひとつの基準にはなるのだが、まぁその程度のものだ。

決して優秀なタイムではないが、AUTOCARはゴルフRを史上最高のハッチバックと位置づけていることこそがその理由である。

ゴルフRに関しても、われわれ所有のテスト車を使用してもよかったが、他2台がMTであることもあり、あえてMTのモデルを借りてきた。したがってゴルフRのドア枚数は3枚。メガーヌも3枚。シビック・タイプRだけが5枚ということになる。

ドアの枚数以上に大きな違いといえば、駆動方式である。ゴルフRが4モーションであるのに対して他2台は先述のとおり前輪駆動。4モーション・システムは、たとえば前輪がスピンしたときに後輪にも力を与えるだけでなく、コーナリング時にも駆動力を分け与える最新世代のもの。

基本的にはリア・バイアスゆえ、フロント・タイヤの温存にもつながる。もちろんありがたいのはこれだけではない。0-100km/h加速にも少なからぬ恩恵をもたらすのだ。ゴルフRのタイムは5.3秒。シビックの5.7秒、トロフィーの6.0秒を割りこんでいる。

 
最新試乗記

人気記事