キアのフラッグシップ・サルーンをスクープ

公開 : 2012.02.18 13:13  更新 : 2021.03.05 21:39

キアのラグジュアリー・フラッグシップのウィンター・テストをスクープした。

このリア・ドライブのサルーンは、今週初めにキアがキアKHとしてスケッチを公開したモデルで、2013年にキアK9としてリリースされるモデルだ。

キアK9は、サイズや装備からBMW 7シリーズやメルセデスSクラスに対抗するモデルと思われる。エンジンの情報はまだ不足しているが、大排気量V8が採用されると思われる。

テスト車両は、後部のパンバーに取り付けられた2本のエグゾースト・パイプが印象的だ。その多くが隠されているが、スケッチからは、大胆なLEDヘッドランプと、チーフ・デザイナーのピーター・シュライアーの登録商標となったお馴染みの「タイガー・ノーズ・グリル」がK9の特徴として見て取れる。

キアのマーケティング・ディレクター、ソン・ナム・リーは「新しいフラッグシップ・サルーンは、デザイン、パフォーマンス、ハイテク機器、情報エンターテインメントなど、われわれの持っているすべてを集約したモデルだ」という。

但し、マーケットに受け入れられるかどうかがはっきりしないうちは、ヨーロッパ市場に持ち込むことはないという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事