レンジローバー、レンジローバー・スポーツの2016年モデルを発売開始

2015.10.01

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、10月1日、レンジローバー、レンジローバー・スポーツの2016年モデルの発売を開始した。

レンジローバーは、SVOが設計・開発した550psユニットを搭載したSVオートバイオグラフィーを追加、レンジローバー・スポーツには同じくSVOが設計・開発した550psユニットを積むSVRと、HSTが追加された。

この他、レンジローバーには、ハンズフリー・パワー・テールゲートを全モデルに標準装備。ボディ・カラーに新色ワイトモ・グレイ、カルパチア・グレイを追加。インテリアカラーの変更。画質を向上させたリアビューカメラとサラウンドカメラシステムを採用などが行なわれている。

レンジローバー・スポーツには、ハンズフリー・パワー・テールゲートを全モデルに標準装備。オールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)の採用。サイドシルとバンパー下部の色をボディ本体と同じに選択できる、デザインパックの追加。ボディ・カラーにワイトモ・グレイ、ザンジバー、カルパチア・グレイ、エストリス・ブルーの追加、画質を向上させたリアビューカメラとサラウンドカメラシステムを採用などが行なわれている。

価格は、レンジローバーが13,390,000円から28,580,000円。レンジローバー・スポーツが8,460,000円から16,050,000円。

 
最新国内ニュース

人気記事