フォード・フォーカス・スポーツ+ EcoBoost

公開 : 2015.10.05 23:55  更新 : 2017.05.29 18:53

  • 待望のEcoBoostが与えられた。これに合わせてミッションは6ATに。

■どんな感じ?

初上陸の1.5ℓ EcoBoostの最高出力/最大トルクは180ps/24.5kg-m。欧州の同等ダウンサイジング・エンジンと比較すると、最大トルクは平均的だが、出力は高めだ。そして、VWゴルフやプジョー308などの最新世代モジュール構造モデルと比較すると、フォーカスの車重は100kgほど重い。

1.5ℓ EcoBoostは、過給ラグをまったく感じさせない。さらにDCTより融通のトルコンAT効果もあって、他社の同等パワートレインよりも、確実に洗練されて扱いやすい。

最高出力が高めのスペックから想像されるとおり、高速域での伸びはライバル比でも優勢の感があるが、重めの車重のせいだろうか、中低速でのピックアップ感や小気味よさでは、ゴルフや308などの最新Cセグメント勢に一歩ゆずるのも事実だ。

シャシーも基本構成は従来のままだが、細部チューニングは全面的に見直されているようだ。とくに、これまでは操舵力が軽すぎて、中立付近が少し過敏だった電動パワステの改善は顕著。速度を問わずにしっとりと重いアシスト設定となり、舵角を問わずに全域でリニアで素直。ステア操作は一発で決まる。

こうなると、もともと優秀だったシャシーもさらに活きてくる。最近はロール剛性を高めて水平姿勢を保つことを最優先するのがトレンドだが、フォーカスはいい意味で古典的。操舵や加減速で、ボディが前後左右にしっかりと動く。

ただ、その際のダンピングが絶妙なのだ。相応の運転をすればスムーズに荷重移動してくれるので、タイヤからのインフォメーションも濃厚。しかも、限界そのものは高いのに、リアが踏ん張りすぎない。積極的なFFドライビングをしかけたときの、コントロール性は相変わらずの素晴らしさである。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事