スズキ・エスクード

公開 : 2015.10.30 23:50  更新 : 2017.05.29 18:41

  • 新型は、乗用クロスオーバーのSX4 S-クロスと、本格クロカンのエスクード2.4の中間を狙う。

■どんなクルマ?

この1年の間に、日本ではSX4 S-クロスと新型エスクードが相次いで発売された。最新世代では、どちらもハンガリーで生産されるスズキ・ブランドの輸入車。ただ、国内におけるエスクードのイメージは、少しばかり混乱していることは否定できない。

新型エスクードはプラットフォームをS-クロスと共用化した横置きFFベースのSUVである。エンジンもS-クロスと共通の1.6ℓガソリン。これまでのエスクードは本格派イメージの強い縦置きFRベースであり。そもそも新型がFFベースとなったことに加えて、エンジンも一気に小さくなったことが、ひとつめの混乱のタネだ。

しかも、エスクードはフルチェンジでボディサイズが小さくなった。S-クロスと比較するとホイールベースで100mm、全長で125mmも短い。前世代ではS-クロス(=SX4)より大きかったのに、それが逆転してしまったのだ。混乱のタネその2である。

また、日本では旧型も “エスクード2.4” として継続併売されることも判明した。これが混乱のタネその3。海外でも旧型が “グランド・ビターラ” としてひとまず残されて市場は少なくない。比較的ヘビーデューティな旧型エスクードへのニーズも根強いうえに、現在はまだ過渡期にあるのが原因だろう。

 
最新試乗記