ジャガーF-ペース3.0 V6 S

公開 : 2016.01.19 23:50  更新 : 2017.05.29 18:37

「ポルシェの方がドライのなめらかな路面ではグリップ力がうえかもしれませんが、それはあくまでオプションのシャシー・キットをハードなものにした時です」

「F-ペースは路面のコンディションに左右されにくいハンドリングを実現できたと思いますよ」とコメントしてくれた。

話を聞くと、早く一般道を走らせてみたくなったのだが、今回のテストではアスファルトを走ることは許されなかった。残念。

その代わりに500mmもの厚さに凍った湖のうえを走った。当然ながら一般的なアスファルトとかけ離れたコンディションであったが、それでもショーのコメントが意味することがよくわかった。

シートに腰をおろした状態だと、ヒップ・ポイントはやや高め。よってこのカテゴリーのクルマを買う層にとっては典型的なポジションといえる。

シートの幅はワイドで座り心地はいい。全体的にリクラインした仕立てであり、窓の前後幅が短いため “コックピットに身を沈めている” といった感覚が強い。

パッセンジャー・シートはミドル・サイズのSUVからすると決して余裕たっぷりというわけではないが、身長192cmの筆者でも窮屈には感じない。窓から下の荷室もたっぷりと確保されている。

室内の見た目、居心地はかなりXFに似ている。色を変えられる室内用のLEDは、あたりが暗くなってからの楽しみを与えてくれる。

驚くほど幅の大きい12.3インチの次世代 ‘インコントロール・タッチ・プロ’ インフォテインメント・システムの反応も良くなっており、使い勝手も先代よりいい。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事