ポルシェ911ターボS

公開 : 2016.01.21 23:50  更新 : 2017.05.29 19:04

限界付近でも操舵感覚がゆらぐことはない。このおかげだろう。ノルドシュライフェにおける最高タイムはこれまでのターボSより9.0秒短い7分19秒を記録。標準タイヤでの出来事(あるいは事件)である。

キャラミ周辺では、正直にいってターボSの神々しさに打ちのめされっぱなしだった。直線スピード、突出した正確性、息を呑む制動力にグリップ力。

汗がどっと吹きだすサーキット走行を終え、思った。あたらしいターボSは、単に速く走るためのクルマではなくなったのだと。

相当な覚悟をもって、ターボSに向き合う必要がある。

公道を走らせても、その万能ぶりに驚く。もちろんロー・プロファイル・タイヤを履いているゆえの神経質さはあるのだが、ダンピング設定をもっともハードなものにしても乗り心地は極めて良好だ。

トルクが強まったため、アイドリング・ストップからの復帰直後に時にギアボックスが変速に迷う時もあるが、これも些細な問題である。こんなに乗りやすい、超々高性能車がこの世に存在するなんて。恐れいりました。

■「買い」か?

この際、周囲の目を気にせずに言おう。はっきりいってスタンダードな911ターボでも、ターボSのなす、ほとんどのことができる。それに£18,848(314万円)も安く買うことができる。

となれば、ターボSを ‘わざわざ’ 買う理由って何なのだろう?

そもそもカスタマーのなかで、キャッシュが潤沢にある人は、ターボの方が安く買えるなどという事実は誠に関係ない。「いちばんイイの見繕ってちょーだい」である。エンブレムに ‘S’ がついている方が、なおいいに決まっている。

918スパイダーをやっつける0-100km/hタイムもまた、これ以上ない自慢のタネになるのだ。

(グレッグ・ケーブル)

ポルシェ911ターボS

価格 £147,773(2,460万円)
最高速度 330km/h
0-100km/h加速 2.9秒
燃費 11.0km/ℓ
CO2排出量 212g/km
乾燥重量 1600kg
エンジン 水平対向6気筒3800ccターボ
最高出力 580ps/6750rpm
最大トルク 76.5kg-m/2250-4000rpm
ギアボックス 7速デュアル・クラッチ


▶ 海外初試乗 / ポルシェ911カレラS
▶ 海外初試乗 / ポルシェ911カレラMT
▶ 海外初試乗 / ポルシェ911カレラ

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事