アウディRS Q3にパフォーマンス・モデルを追加

公開 : 2016.02.06 22:50  更新 : 2017.06.01 01:38

アウディは、2.5ℓ5気筒ターボ・ユニットを搭載するホット・クロスオーバー・モデル、RS Q3にRS Q3パフォーマンスという更に上のモデルを追加する。

このパフォーマンス・モデルは、標準的なRS Q3よりも28ps、1.5kg-mほど大きい、376ps、47.4kg-mのパワー、トルクを持つ。ちなみに、47.4kg-mのトルクは1625rpmから5550rpmの間、ピークをキープするという。

アウディによれば、このパフォーマンス・アップは、クーリング・キャパシティの上昇と、燃料ポンプの最適化によって可能になったのだという。

パフォーマンスは、0-100km/h加速が標準的なRS Q3よりも0.4秒向上した4.4秒で、このタイムはBMW M3よりも僅かに0.1秒遅いにすぎない。また、250km/hというリミッターによる速度制限も解除され、トップ・スピードは269km/hに達する。

しかし、パワー・アップしたにも関わらず、燃費およびエミッションには一切影響はなく、燃費は11.6km/ℓ、CO2排出量は203g/kmのままだという。

パワーアップ以外は、標準的なRS Q3から変化はほとんどなく、トランスミッションは7速Sトロニック、これにクワトロ・システムが組み合わせられる。また、オプションでアジャスタブル・ダンパーが用意される。唯一の違いは、マット・チタン・フィニッシュのトリムと、特別色のアスカリ・ブルー・メタリックが選択可能なこと。

デビューは、3月のジュネーブ・モーターショーを予定しているが、すでにオーダーは可能。価格は、標準モデルよりも£3,365(57万円)高の£49,175(830万円)と発表されている。


▶ 海外初試乗 / アウディRS Q3

関連テーマ