ベントレー・コンチネンタルGTスピード

公開 : 2012.10.11 19:29  更新 : 2017.05.29 19:03

■どんなクルマ?

史上最速のベントレーが、コンチネンタルGTスピードだ。そのエンジンは、リマッピングされたエンジン・マネージメント・ソフトウェアを持つツインターボの6.0リッターW12で、標準的な567bhpのW12およびV8にも装備されるZF製の8速オートマティックが組み合わせられる。エンジン・パワーは616bhp/6000rpm、81.6kg-m/2000rpm-5000rpmと、全体のGTスピードよりも16bhp、5.1kg-m多い値だ。

4WDシステムはフロント/リアが40/60で、サスペンションは10mm低くなり、固められたスプリングとブッシュ、アンチ・ロールバーが付けられる。また、4輪にはエア・サスペンションが取り付けられ、その乗り心地がコンフォートからスポーツまで可変となる。

0-100km/hは4.2秒で、0-160km/hは9.0秒、そしてトップスピードは330km/hに達する。一方、その燃費は6.8km/lだ。

■どんな感じ?

サスペンション・セッティングは、最もソフトな側からハードな側までそれほど大きな違いはなく、コンチネンタルのボディを上手く抑制する仕事をしてくれる。4WDシステムの効果は非常に高いのだが、W12のノーズの重さによってタイト・コーナーではさすがに鼻先がぶれてしまう。しかし、タイトなワインディング・ロードで動揺したり不快な思いをすることはない。ただ、そのサイズと重さを知ることになるだけだ。

ステアリングも、そういった状況を助けるために最善を尽くす。電気的アシストの入った速度可変式の重さのそれは、ハイ・スピードでハードな使用であっても満足いくレスポンスを持ち、どんなコーナーでも路面の状況をよく伝えてくれた。ところが、通常のロード・スピードだと、劇的に路面とのコンタクトを伝えなったのは驚きだ。しかし、それでも線形のレスポンスを持つため、通常の使用でも問題があるというものではない。

乗り心地は、英国の道をドライブすることで最終判断をしなければならないが、ミュンヘンのスムーズなアスファルトの上では、21インチという巨大なホイールにもかかわらず、落ち着きのある、そして吸収力のある感じがした。

おそらく、最大の売りはパワー・トレーンになる。まず最初に気付くのは、そのサウンドだ。シフトをSに入れ、スロットルを踏み込むと、W12サウンドがコクピットを包み込む。それは、ドライバーを励ます素晴らしく猛々しいサウンドである。しかし、そのシフトをDに入れると、一変してサウンドは静かになる。そして、著しく洗練された空間がもたらされるのだ。極く僅かな風の音と、ロード・ノイズが聞こえるだけといっても良いほどで、エンジン・ノイズも、穏やかで単調なものに聞こえてくる。

パワー・デリバリーは爆発的としか言いようがない。ウェットな路面でも、まるでアスファルトの上のようなスピードでストレートをかっ飛んでいく。8速のギアボックスはDモードにさえ入れておけば、基本的にドライバーの望むだけの仕事をしてくれる。そして、それは速く、本当に素晴らしい。SモードであってもDモードであっても、鋭いスロットル・レスポンスを示す。

さらに、オプションのΦ420のカーボン・セラミック・ブレーキは、適度な重さで確実な制動をもらたしてくれた。

■「買い」か?

現行のコンチネンタルGTが好みであるのならば、この新しいGTスピードは100%あなたの好みに合うだろう。サラウンド・サウンドに身を委ねている間も、このクルマは320km/hで進む事が可能だ。

われわれはコンチネンタルGTのファミリーの中で最高のオールラウンダーはV8モデルであると思っている。しかし、それほどピュアなハンドリングを望まず、むしろそのスピードを重視するのであれば、320km/hでクルージングできるGTスピードはおすすめだ。しかも、W12の感情に訴える楽しみは、そのプレミアム価格を十分に正当化するものであろう。

(ヴィッキー・パロット)

ベントレー・コンチネンタルGTスピード

価格 151,000ポンド(1,884万円)
最高速度 330km/h
0-100km/h加速 4.2秒
燃費 6.8km/l
CO2排出量 338g/km
乾燥重量 2320kg
エンジン W12気筒5998ccツインターボ
最高出力 616bhp/6000rpm
最大トルク 81.6kg-m/2000rpm-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事