マセラティ・レヴァンテ

公開 : 2016.03.11 23:50  更新 : 2017.05.29 19:12

ほとんどのコーナーをレヴァンテは劇的に素早く、息を呑むほど正確にこなしていく。まだまだ攻められるはずだとムキになり、気づけばとんでもない速度でコーナーに飛びこんでいることが、ままあった。

また100km/h→0km/hに至るまでの制止距離もこのカテゴリーではトップ・レベルなのだという。シフト・チェンジもあっという間に済み、ダウン・シフトするとクラック音が笑顔にさせてくれる。

決して速さが自慢のディーゼルではないのだが、トライデントを掲げるクルマとしては合格点だ。

ガソリン・ユニットはもっとエキサイトさせてくれる。速度を高めると、管楽器のような音が耳を満たす。やり過ぎでないところもいい。立ちあがりはディーゼルほどでもないが、アンダーは出にくい。

英国市場の動向をロジカルに考えると、ガソリン・エンジンの出る幕ではないのだが、ガソリンならではの華やかさを感じた。いくぶん現実を見据えすぎたディーゼルよりも、(経済性は劣るにせよ)味わいがある。

オフロード? マセラティには似合わないワードだが、賢いトルク配分と車高のアジャスト、ヒル-ディセント・コントロールのおかげで、恥ずかしい思いをする必要のないアドベンチャー・ツールになっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マセラティの人気画像

×