フォルクスワーゲン・ティグアン2.0 TSI

公開 : 2016.04.06 23:30  更新 : 2017.05.29 18:57

すでに雪上で試した2代目のフォルクスワーゲンティグアンを、今回はドイツ・ベルリンの公道で試し、完成度を見極める。

■どんなクルマ?

フル・モデル・チェンジを果たした2代目のティグアン。英国では2007年のデビュー以来、毎年販売台数を伸ばしており、全世界売上げも3位。VWにとって、徐々に大切なポジションとなりつつある。

だからこそ、抜本的な変更を避け、長所を堅実に伸ばす方針にしたフォルクスワーゲンは、ソリッド感あふれるボディの下にはお馴染みのMQBアーキテクチャーを使用した。新型セアト・アテカと共通だ。

ボディは前後、左右ともに先代よりも拡張されているが、高強度鋼を賢く用いることで、わずかに軽くなっている。テスト車は181psを発揮する2ℓ直列4気筒ガソリン・エンジンを搭載している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×