アルファ・ロメオ4Cは、来年3月のジュネーブでデビュー

公開 : 2012.10.27 17:17  更新 : 2017.06.01 01:04

アルファ・ロメオ4Cは、来年度中に販売が開始されるた、一般へのお披露目は3月のジュネーブ・モーターショーになるとの情報をAUTOCARはキャッチした。

開発段階ではあるが、この新しいアルファ・ロメオのスポーツカーは、昨年のジュネーブでのコンセプト・モデルに忠実だと関係者はコメントした。

エンジンはアルミ・ブロックの1742ccのターボ付きガソリンで、そのパワーはおおよそ300bhp。ボディ重量は1000kgを切り、このクラスで最高のパワー・ウエイト・レシオを目指す。トランスミッションは6速のデュアル・クラッチのみで、駆動はリア・ホイールだ。

アルファ・ロメオ4Cはイタリアで生産が行われるが、その数を限定する予定はないという。需要に応えるべく生産をする、と関係者は言う。

フィアット・グループのモデル・プランが、10月30日より前に発表される予定だ。とはいうものの、4Cはアルファ・ロメオの計画の最前線にあるモデルであることはかわりない。そして、2013-2014年にアメリカで再びアルファ・ロメオ・ブランドを再開させるためのモデルでもある。

なお、4Cのオープン・トップ・バージョンも、2014-2015年に追加される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×