スバル・レヴォーグ1.6STIスポーツ・アイサイト

公開 : 2016.07.01 05:50  更新 : 2017.05.29 18:41

  • ボルドー色の本皮シート、高触感革のステアリングとシフトレバー、各部レッドステッチ仕上げで従来のスバルにない高品質なインテリアを実現。

  • レヴォーグの荷室は552ℓ。フロア長xフロア幅x荷室高が1070x1080x770mmと実用的。

乗り心地はどちらも245/45R18で同じ。足回りも同じセッティングと思われる。荒れた路面だと、低速でコツコツというショックを感じる。あら〜なんでこんなに硬いの。ビルシュタインなのに……と思ってしまった私でしたが、浅はかであった。

ショートコースを走ってみると、素晴らしい乗り心地なのだ、どちらも。それは路面がいいからでしょ、と私は思っていた。でも、よくよく考えてみると、縁石に乗っけてもまったくガタピシ言わず、この縁石がまた洗濯板みたいに波打っているのに平然と通過する。

アウトバーンを快適に走らせることを念頭に開発した、とSTIの担当主査はいう。フロントに採用したビルシュタインのダンプマティックIIという仕掛けが活躍しているらしい。

1.6でも十分なパワーだけれど、2.0は十分以上のパワーを持つ。当たり前ながら、ショートコースを走った実感として申し上げたい。1.6のSI-DRIVEが2モードであるのに対して、2.0は3モードある。CVTを8速クロスレシオで変速制御するS♯(スポーツ・シャープ)モードが左の上りコーナーを苦もなく駆け登らせる。

2.0はしかもフルタイム4WDの前後トルク配分を前45:後ろ55と後輪駆動寄りに配分する。これにより、よりスポーティなハンドリングを得ているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記